子育て

保育園落ちた日本死ね!の気持ちも分かりますが、そもそも期待もしてません。

child-samp

どーも。父豆です。

昨日、「保育園落ちた日本死ね!!!」って言われたけど、むしろ東京都は保育園をつくるべきではない理由の記事を拝読しまして、保育園に2人の娘を通わせている親ですが、納得できる部分が多々あり、紹介します。

私の住む山形市と東京都では、暮らす人間、環境、交通、規模、モノの値段と当然事情はまったく違います。
山形では、名目上2年連続待機児童ゼロと謳っているようです。(※これらの数値はカウントの条件などカラクリがいろいろあり目安にしかならないでしょう。)

我が家も、昨年に上娘、下娘の利用希望出しましたが、当初は別々の保育園ならOKとの通知を受けました。
ですが、「いやいや二人別々の保育園って送り迎えや行事含め普通に考えて利用無理でしょ!」と一度断ったぐらいです。
だって、車を使うしかなく、雪が降り渋滞する中、それぞれの保育園へ送り、その後仕事へ行くってどう考えても間に合いません。可能だとしたらよほどの強者でしょう。

入所OK、NGもありますが、生活しているうえでは、現実的に入れる、入れないもあります。
我が家はその後タイミングよく、二人の同じ保育園への入園可の通知が来たのでよかったですが、その通知が来ていなければ、入れることはなかったでしょう。

それでも、少子化の昨今、大きな費用をかけてまでハコモノを新設するのは今後のことを考えても容認しかねます。
モノ(施)に補助を考えるよりは、ヒト(保育士・利用者)に補助を考えたほうが、より公平であり健全な気がします。

個人的に日本の政治にそこまで期待していないのもあります。
若い世代は投票行っても仕方ないと、期待を身近に感じることできず、投票率が低いのも当然と思います。なので、若い世代はしっぺ返しをくらっているのでしょう。 政治家も投票もご年輩の方が多数派ですが、理不尽であっても意思表明は義務かなと思います。

何はともあれ、おときた氏が唱える

保育・子育て関連のみに使えるバウチャー(クーポン券みたいなもの)を子育て世帯に一律で給付

って嬉しいです。使い道が限定されても、我が家の家計は、もともと自分たちに掛ける費用などほぼなく、子供に関わることだらけです。

実現されるとしても、まだまだ遠い話でしょうが、今回のおときた氏の理念は共感できました。

極論、子育てに関する不安を取り除かない限りは、子供は増えませんし、我が家も3人目となると、経済的不安が大きいです。

保育園落ちた日本死ね!!!」の言葉は荒っぽいですが、正直なところ気持ちは分かります。
基本、政治家が“善”であるとは思ってないですし、よくある“政治とカネ”も驚きないですし、現実、育てるにあたって憤りたくさんありますから。

では、また。

(参考)山形県の保育所の入所及び待機児童の状況について

保育所の入所状況

各年4月1日現在

平成27年 平成26年
保育所数 260ヶ所 245ヶ所
入所定員 23,095人 22,094人
入所児童数 22,353人 21,319人

子供いたら毎日使うよね。体温計を買い替えた。

保育園児のいるご家庭は、あるあるですかね。
ウチには年中・年少未満のクラスの子供がいるのですが、毎日の日課として子供の体温測定が必須となっております。

保育園とのやり取りのための連絡帳には、体温/就寝・起床時間/朝食の有無/機嫌/便の有無/連絡事項と日々書き込む項目があるわけですが、
子供を起こして、ご飯を食べさせ、着替え、歯磨き、連絡帳カキカキと毎朝戦争状態です。(もっぱら忙しいのは母豆です いつも動いてくれる母豆に感謝。)
朝よくおなか痛くなる父豆です。。←しっかり動かないと・・・

しなければならないことが多い、忙しい朝は、ちょっとしたことでもイライラしがちです。

そんな、朝のルーティンの中ででマストアイテムといえる体温計
子供はもちろんのこと、食品系に勤めている母豆も使用します。

これまでは、長女が赤子の時から使用している耳の穴に入れ「ピッ」と一瞬で測定終了する体温系でした。
しかし、この一瞬で測定終了する体温計は、予測にもほどがあるぐらい誤差があるものです。

そんな誤差は、気にするわたくしたち夫婦ではありませんが、「誤差だろう」の限度を超えた「これ、生きてるの?」くらいの数値を出しはじめたため、買い替えることに。

そこで、amazonにてさくっと探したのがこちら

テルモの電子体温計【スピード検温式 平均20秒】ET-C231P

[amazonjs asin=”B003RWTML6″ locale=”JP” title=”テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P”]

体温計といえば、個人的にはオムロンなどのイメージが強かったですが、
病院で見たことあるという記憶がテルモであり、
かつamazonnにてベストセラーということで、さっそくポチっと決済。

商品も翌日には届きました。

使用感としては、これまでと測定していたの体温計の数値とかなりの差があるなぁ(笑)と
これでまでが、予測中の予測だったのでしょう。

測定まで20秒とのことですが、大体20~25秒の感じですね。
3歳ともなれば、そのぐらいは待てるので特に問題ないですが。

ケースのかぱっと開ける箇所はそのうち子供が破壊することでしょう。

なにはともあれ、風邪などの病気の時は、より正確な体温を知りたいわけで、家電としてもそろそろ買い替え時だったので、今回はベストマッチの選択でした。

さっそく、風邪ひいたし図ってみよう。

 ・

 ・
 
 ・

「ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ」 36.2度 よし熱はないなと。

3歳の娘の口撃と愛おしさ

我が娘たちを保育園に入園させて、はや3ヶ月目。

毎朝、「保育園に行きたくなーい」「保育園きらーい」と、泣く娘たちではありますが、

泣き喚いていた当初よりも、次第にエーン・エーンにかわり、時にはグスン・グスンと

日々、成長していく姿を見せてくれるのでした。

family

子供の成長はあっという間ですが、同じ親から生まれ、同じ境遇で育っている子豆たちも
各々の真逆のような性格と共通するビビり症(笑)

  • 不器用で、なかなかお友達の和に飛び込むことができず、自分の設定ルールを臨機応変に柔らかくすることの出来ない生真面目・実直な、自分よりも周りの人に優しい長女豆
  • 自由気ままな気分屋で、人が嫌がることを楽しんだりの天邪鬼、しょんぼりしても切り替え早く、一度集中すると黙々と追求し、どんな事にも器用さを兼ね備えた次女豆

同じ境遇でも育つ環境が同じであるという事はまったくないワケで、こうまで違う子豆達です。
毎日見ていると、ほんとうに父豆、母豆を映しだしているかのように感じます。

比較的、子供は好きで接する事も得意な父豆ですが、ほんと子育てって大変。
普段からイライラを感じることの少ない私でも、カチンとくることもしばしばです。

でも、自分が育った環境(親)を思い出しても、なるだけ怒らず、優しく育てたいところです。

ガミガミしていても、あまり良い結果にならずに、むしろ反発してしまう事が多いです。

もう、3歳・4歳となればほんといっちょまえです。

実際、辛抱強く優しく接している方が、子供もわかってくれるもんですね。

昨日の夜も、お風呂上がりの積み木遊びをしていた次女豆に対して
「もう寝る時間だよー」と途中で切り上げさせたところ、当然眠気もあり、

「お父さんイヤだー」

「お父さんなんてもうしらなーい」

「お父さんきらーい」

しまいには「イヤだ・イヤだー」

との口撃とともに嗚咽するほどの号泣になるわけです。

ここで本来ならば、

「いい加減にしなさい!!」

と一喝してしまうところでしたが、

「そうだよねー」「○○だよねー」と共感した上で、
背中をトントンしながらお話していると、

お父さんの手をギュッと取って自分に巻きつけるではありませんか。

なんとも愛おしいことか。

そのまま自然と眠りについてくれました。

そんな姿に日々触れていていると毎日違う気付きや再認識をさせてくれるところです。

でも、これも母豆と比較し絶対的に接する時間が短い父豆だからこそ持てる心の余裕なのかもしれません。

正直、どんなにイクメンだろうが、子にとっての母って別格だと思うんですよね。
求められる必要性と度合いが全く違いますもん。

そのため、母豆のプレッシャーやストレスも並大抵ではない事を理解せねばなりません。

子育てにおいて父は母の絶対的な守護者として支え、否定するのではなく、
家庭の中ののりしろとして、時には母を解放すべく心がけていきたいところです。

根本として親が笑顔でなきゃ、子は笑顔にならないですからね。

ほんと母は強しだと感服いたします。

児童遊戯施設と混沌(カオス)

ストレス感じた母豆に代わりましてログです。

2014年末に、住まいの地区にて児童遊戯施設「べにっこひろば」が新たに開設されました。
何気に楽しみに待ってた方も多いのではないでしょうか。

この手の無料で利用可能な施設は「東根市さくらんぼタントクルセンター」などがあり、利用したこともありますが、
当初は非常に混雑するだろうなと敬遠しておりました。
しかし最近、長ムスメがインフルエンザにかかり、次ムスメとの時間つぶしと隔離も兼ねて利用の運びとなりました。

(null)

まず初回利用時には、所定の書類に氏名などなどを記載し、受付に提出、個々の児童達にカードが付与され、母豆、長ムスメ含めた2回目の利用からはそのカードを提出し、施設の利用が可能となりました。
別に電子で管理しているわけではないんでしょうね。
付与されるカード記載の番号を利用者としてメモしているだけでした。
正直このカード発行してのシステムって何管理してるんだろ?と思います。

まずメインとなる施設内の遊具(エリア)には、各遊具によって年齢制限などもあるようですが、良い(悪い?)意味で開放的(笑)なその施設内は縦横無尽に駆け巡る子供たちで秩序のない混沌の世界でした。

施設の目的として、

広い遊び場でからだをいっぱい動かして遊べる、子どもたちが待ちに待った施設です。また、子育て支援センターの機能も有しており、市民の皆様の子育てを精一杯応援していきます。

とあります。

他にある子育て支援センターでは、必ず子供にテープに手書きの名前を記載し貼りつけなどしますが、乳幼児から小学校児童までの幅広い児童たちが存在するこちらの空間では、年齢を区分する目印もなく、エリアの隔たりもなく、あまりにも年齢ごとの配慮が足りないと思います。

元気いっぱい、無法地帯と化す世界

ハイハイや捕まり立ちをする乳幼児がいるエリアを大人よりも早く駆け抜けるお兄ちゃんたち、
年齢制限や人数の表記など関係なく入り乱れる遊具・・・などなど
見ていて非常に危険な香りがすることが多々あります。

施設でも放送にてよく「走らないように」などとアナウンスがあるものの、子供にそれは無理でしょと思っちゃいます(笑)

施設のシステムとしては決してGoodの評価は出来ませんが、施設が悪いとも思いません。

このような子育て施設の存在は、子育て世代にとっては非常にありがたいものです。
ましてや雪の降るこの季節には、子供達を屋内でからだいっぱい動かして遊ばす事ができるというのは嬉しい限りです
(T人T)。

もちろん、子供たちが悪であるわけもなく、ようは目的と躾を履き違えている親が多いということ。
子供たちの成長ではなく、自らの息抜き(おしゃべり)のために利用し、目を配ること、まわりに配慮すること、自らの子供を放置するという始末です。
子供の年齢が高くなるほど、その傾向が有るようにも思えます。良くも悪くも子育てに慣れがあるのでしょうか。
決して、常に見ていて欲しいというわけではありません。
自由に遊べるって素晴らしいと思います。

ただし、自由を唱えるには責任を果たす事が重要で、そのためにもマナーを教え、目を配り、フォローして欲しいと切に願うところです。

子育てしてみてわかりますが、まだまだ小さい2人のムスメでも1人で見るって、正直かなり大変です。
比較的要領が良い私でも、イッパイイッパイになることたくさんあります。
世の中のお母さんってほんとスゲーと思います。

だからこそ、まわりに衝突し、迷惑をかけ、順番も守らずって、親は何をしてるのか!?と疑問です。
父豆の場合は、そんな子供には構わず冷静に叱ってしまいますので良いのですが(笑)

膝蹴りくらい苦しむ母豆

ちなみに、おそらく事故(不可抗力)かとは思うのですが、母豆はボールプールにて背中に児童から膝蹴りをくらい背中を痛めたようでした。
その後、親の気配もなく、児童はすぐに去って消えていたとのことです。
(ごめんなさい、ありがとうは基本ですが、それらを言える子供に育てたいとの教訓でした)

結果、親としてまわりの児童含め、目を配れるキャパが自らにないと、利用は恐いなという感想でした。

このような施設には親への啓蒙含め、皆が気持ちよく利用できるよう改善して欲しい次第です。

子供のイヤイヤ期に絶対やってはいけない3つのことについて

kids-sunaba

日々、子育てに頭を悩ませている父豆です。
ほんと、日々驚きと発見の連続で、性格的にも楽しめちゃうタチではありますが、母豆はほんと大変ですね。

今回、ふと目にした「子供のイヤイヤ期に絶対やってはいけない3つのこと」を読んでの感想です。

ウチにも2歳と3歳のムスメがおりますが、各々が自己主張が強くなっており、
もちろんイヤイヤ期中です。さらに歳もちかいこともあり、あちらを立てればこちらが立たずと
てんてこ舞いです。

さて、「子供のイヤイヤ期に絶対やってはいけない3つのこと」ですが、結果これ全部してるな・・・

1.子供がやりたかったことを先回りしてやってしまう

ついつい、効率や少ない時間の有効活用を求めてしまう私の勝手な都合で、
靴下をはかせたり、おもちゃで組み立てたり、、やっちゃってます。。
そりゃ当然プンスカしちゃいます。

2.むやみやたらに怒ってしまう

イヤイヤ期である事も頭では理解しているものの、アレもやだ、コレもやだと言われると、
「じゃあどうしたいの?」となってしまいます。挙句の果てには、「眠いー」ですから(笑)

極力ダメとは言わず、危ない事、礼儀に関してのみ注意するのですが、
親も人です。バイオリズムの波もあり、つい怒っちゃう時ありますもん。

ただし、やっちゃった分、その後にたくさん愛情注ぐようしてますが。

3.モノで釣ってしまう

あ~あるある。一番はモノはモノでも食べ物ですね。
「後で、あれ食べよー」とか、「おやつ1つだけ買って上げるから」とか、やっちゃってますね。

まとめ

同じ環境なんてないわけで、子育てに正解はありません。やっちゃったなぁーって事をしっかり自覚し、その分たっぷりと愛情注ぎ見守っていきたいです

2歳になりました。

おはようございます。
あぁ、早くて連休最終日ですね。
とは言え、主人は土曜日お仕事でしたので、なんだかワクワク感はありませんでしたー。
いつもの、隔週の週休二日な感じでした。
でも貴重な連休です。
話は変わって。
先週の月曜日。
9月10日は上娘の誕生日でした。
めでたく2歳になりました(^_^)
ここ最近の怪獣ぶりには手を焼いてますが、やっぱり可愛い。
なんか、グンっと子供らしくなってきてて成長の早さにびっくりしちゃいます。
あ、実家の両親からケーキを買ってもらったのですが、これまたすごいケーキでして。
アンパンマンケーキ。
想像してたのとはだいぶ違うもので、とても立体的なアンパンマンケーキ。

photo:01



『アンパンマーン新しい顔よー!』って投げたくなりました。
iPhoneからの投稿

満4ヶ月。

今日も残暑が厳しいですね。
でも今朝のゴミ出しのとき、外の気温はちょっといい感じでした。
すぐ暑くなったけど 笑
カメ速度で秋は来てるんだな。
昨日で下娘も4ヶ月になりました。
んで、上娘は来月で2歳になります。
上娘の2歳は『もう2歳かぁ~』と早く感じるのですが、下娘の4ヶ月は『まだ4ヶ月か。。』と感じてます。
なんだろ、この差は。
でもまぁ、下娘も着々と成長してます。
首もほぼほぼすわって来たし、おしゃべりもすごいし。
最近では鏡が鉄板のようで、鏡を見せるとケラケラ笑います。
このケラケラ笑いが可愛くて仕方ないのですが、人見知りも始まり、お友達が遊びに来ても見せられないどころかギャン泣きしちゃうのが切ないです。
上娘も3ヶ月で人見知りスタートでした。
ほんと我が家の娘達は人見知りが早いなー。
明日の小児科も大変だろうな。。
iPhoneからの投稿

満3ヶ月。

今日で下娘は3ヶ月になりました。
完全ではないにしろ、だいぶ首もすわってきました。
目も見えるようになって起きているときは忙しなくキョロキョロ。
表情も豊かになって、最近では『あー』とか『うー』とかお喋りもするように。
目に見える成長が急に、それもたくさんやって来て楽しい毎日です(^_^)

photo:01



ま、相変わらずドタバタしてますけどねー。。
にしても今日は暑い!!
猛暑日!!
今日は主人がお休みの土曜日だったのでいろいろ予定立ててましたが、上娘発熱のため諸々キャンセル。
家族みんなで寝室で昼寝です。
ダラダラのダルダルですw
上娘、熱はあっても元気なので早く熱下がるといいなー。
本人外で遊びたくて仕方ない様子。
この週末で治そうね。
iPhoneからの投稿