デザイン

作業効率アップ!Windows用コマンド(検索)型ランチャーが欠かせない

computer

ドーモ。父豆です。
プライベート、ビジネスに限らずパソコン利用する際、目的のアプリケーションへすぐにアクセスしたいものですよね。
通常であれば「スタートメニュー」→「すべてのアプリ」→「Google Chrome」など、立ち上げるまででもいくつかのアクションを踏まねばなりません。

そんな状況を打破するためにもランチャーがあります。さらに、マウス使うの極力避けてキーボードのみで操作したいということで、コマンド型ランチャーを利用しています。

そんなコマンド型ランチャーの代表例として、Macのランチャーアプリで有名なものに「Alfred」というものがあります。
Alt+スペースキーで立ち上げて、入力欄にアプリケーション名を入力(部分一致)するだけで、目的のアプリケーションを立ち上げられるという素晴らしいアプリです。

もちろん、Windowsでもランチャーの存在は欠かせません。一度使ってしまえば、アプリケーションフォルダを開くのすら面倒になってしまいます。

ランチャーといっても、入力欄かから検索するタイプや、事前に登録しておいたアプリを起動するものなど、様々あります。
そこで、Windowsで使えるAlfredみたいなコマンドライン型のランチャーを紹介します。

Executer

こちらで紹介されていたランチャーソフト「Executor」。
登録しておいたキーワードやコマンドを入力してアプリを起動するランチャ。キーワードを直接Googleで検索したり、ファイル検索も可能です。日本語には非対応。

Executor | 公式サイト

Bluewind

こちらで紹介もされているbluewind。あらかじめファイルやフォルダを登録しておいたキーで呼び出して開くアプリです。

一度設定してしまえば、楽でしょうが、私はファイルマネージャーも別途利用しており、登録しておくアプリはあまり必要性を感じませんでした。

bluewind | Vector ダウンロードページ

fenrir

fenrirはファイルもフォルダも登録する必要がなく、指定フォルダ以下のファイルをスキャンし、インデックスした中からファイル名をインクリメンタル検索しソフトを立ち上げる、非常にシンプルなランチャーです。
スキャン設定も充実しており、スキャンするファイルの種類、除外したいフォルダなどが設定可能であるため、動作も軽快です。
また、インスタントコマンドという特定の文字列を入力することで特定のアプリ、ファイルを呼び出すことも可能で、そのためfenrirからGoogle検索も可能になります。
私が長らく使用していたソフトです。導入・設定はこちらを参照。

fenrir作者ホームページ

Launchy

コマンドライン型のランチャーソフトで、ホットキーを割り当てておくことで、手軽に検索することができる優れものです。非常に軽快に動く、Windows、Linux、Macとマルチプラットフォームの嬉しいアプリです。
ソフトウェアを選択した時にTabキーで、そのソフトがインストールされたフォルダを開けます。
スキンによって外観も好みに変えることができます。

Launchy | 公式サイト

Wox

こちらで紹介されていたソフト・ファイル・フォルダなどをまとめて検索・即起動できる無料のWindows用ランチャーソフト「Wox」。
Woxの入力テキストボックスはデフォルト状態ではAltスペースにショートカットキーが割り当てられており、表示・非表示を切り替えることができます。
ソフトウェアやフォルダやファイルを一元的に検索可能で、例えば”adobe”と検索すると、Adobeのソフトウェアがずらりと表示されます。を使って検索結果をスクロールし実行できます。
個人的には、表示フォントなども変更可能なのは良いのですが、テキストボックスや検索結果の候補リストが大きく画面のスペースを取るのがマイナスだと思います。

Wox | 公式サイト

まとめ

ランチャーアプリとして重要視するポイントは、やはり動作の軽快さです。しかし事前にアプリを登録するタイプ、任意のディレクトリ・ファイル形式などを検索するタイプの方が今は主流ではないでしょうか。また気持ちよく使いたいもので、個人的にはデザイン性やUIも重要にする点です。

長らくは、「fenrir」を使っていましたが、今は「Launchy」に落ち着いているところです。

wordpress超高速レンタルサーバーのwpXクラウドへ移転しました。

WordPressでブログを始めたい!最適なサーバはどこがいいの?と、WordPressに最適なサーバー選びからインストール、SEOやら高速化など、ブログ運営に悩んでる方も多いのではないでしょうか。
wpXクラウドはWordPressに最適化しているので、通常のレンタルサーバーよりも管理画面がシンプルで初期設定も簡単です。またキャッシュ関連のプラグイン使用しなくても高速なので、ブログの運営のみに集中でき、初心者~すでに運営されている方にもおすすめです。

wpXクラウドのおすすめすポイント

  • 初期費用無料
  • 月額500円~(税抜)で始められる
  • ご利用の状況に合わせて__全7段階__の拡張が可能
  • 自動バックアップ(MySQLデータ/サーバー領域)
  • WordPressが誰でも簡単にインストールが可能!
  • 14日間無料お試し可能

そこで、今回当ブログをwpxクラウドへ移行することにしました。



移転元でバックアップが必要なデータの準備

今回は、新たなサーバへの引っ越しのため、移転元で必要なデータを準備し、移転作業を進めていく必要があります。

WordPressサイトファイルのバックアップ

移転元サーバーから、必要なファイル一式のバックアップを取得します。
ファイル一式のバックアップを取得するには、一般的にFTPソフトを用いて、対象のファイルを一式バックアップします。

.htaccessファイルの取得

FTPソフト等を使用し、WordPressインストール先にある「.htaccess」のファイルをダウンロードください。

データベースのバックアップ

移転元サーバーで、データベースのバックアップを取得します。
データベースのバックアップを取得するには、一般的に「phpMyAdmin」を用いて、エクスポート行うか、バックアップのプラグイン(例/BackWPup)などを使用します。

wpxクラウドへ新規申し込み(会員登録)

wpx_steo01

wpxクラウドのトップページより「新規お申し込みをする」ボタンをクリックし、『利用規約』と『個人情報の取扱いについて』を確認のうえ、お申込みフォームよりメールアドレスを登録します。
「【wpX】お申し込みメールアドレスの確認」というメールが届きますので、お申込みURLのリンクをクリックします。

wpx_steo01

「サーバーID検索」画面にて、希望のIDを検索し、確認します。利用可能であれば、そのまま申し込み手続きを進めます。

wpx_steo01

会員登録フォームの入力画面にて、必要項目へ入力を行い、確認画面にて会員登録を確定します。
すると、「【wpX】■重要■会員登録完了のお知らせ」というメールが届きますので、確認してください。

また、サーバの設定が完了すると「【wpX】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」というメールが届きます。
設定が完了次第、利用可能となります。

※14日間は無料お試し期間となります。その間に、お支払いを行ってください。無料お試し期間後、お支払いがなければ、利用停止されます。

wpxクラウドの設定

wpx_steo01

「管理パネルログインフォーム」からログインします。

ドメインの設定

管理画面左部メニュー「ドメイン管理 > ドメイン追加設定」クリックします。
「ドメイン追加」タブをクリックし、「他社管理のドメインを追加する」をクリックします。

wpx_steo01

任意の認証方法を選択し、「ドメインの追加(確定)」をクリックし、「ドメイン設定の追加を完了しました。」と表示されれば、設定完了です。

WordPressのインストール

管理パネルのトップで「サーバーの管理 > 新規インストール」をクリックします。
以下、必要項目を入力し、「次へ進む」をクリックします。

  1. サイトアドレス/設定完了した独自ドメインを選択。
  2. WordPressID/WordPressログインで使用する、希望のユーザー名を入力。後で変更不可。
  3. ブログ名/ブログのタイトルを入力。
  4. メールアドレス/WordPress管理者のメールアドレス。

入力内容を確認し、問題なければ「確定(WordPressをインストール)」をクリックします。
「パスワード」は自動で生成されるので、メモをする。

「サイトURL」をクリックして、ブログを確認します。
これにて、WordPressのインストールはこれで完了しました。

新サーバーへファイル(テーマなど)をアップロード

復元はまずバックアップしたファイルを新しいサーバーへアップロードするところから始めます。
FTPソフトを使い新サーバーへ接続後、手元のPCからファイルをアップロードします。

新サーバへバックアップしたデータベースをインポート

wpx_steo01

バックアップしたデータベースの情報を新たなデータベースに取り入れます。wpx管理画面メニュー「データベースのバックアップ」をクリックします。
「インポート(復元)」の「参照」ボタンをクリックし、バックアップしたデータベースファイルを選択し、「インポート実行」をクリックします。

取得した.htaccessの適用

「サーバーの管理 > .htaccessの編集」にて、移転元で取得した .htaccess の内容を適用します。

移転後の動作確認方法

お使いのパソコンにて「hosts」ファイルを編集することで、ネームサーバーを切り替える前に動作確認を行うことが可能です。

「hosts」ファイルとは

「hosts」ファイルとは、Windowsのシステムファイルの1つで、IPアドレスとそれに対応するホスト名(ドメイン名)の一覧が記載してあるファイルです。
このファイル内に、利用サーバー(wpx)のIPアドレスと、ご利用のドメインを合わせて記載することで、ネームサーバーの設定を行う前に、お使いのパソコンから当該ウェブサイトへのアクセスが可能となります。

hostsファイルの場所
Windows8/7/vista/XP C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
Windows2000 C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts
Windows95/98/Me C:\Windows\hosts

「hosts」ファイルの編集

「hosts」ファイルをテキストエディタで開き、最下部に新しい行を追加します。
「サーバーIPアドレス + (半角スペース) + ご利用ドメイン名」と入力をして、上書き保存してください。

例)192.3.6.9 hogehoge.com
ご利用のwpXサーバーのIPアドレスは、「管理パネル」の「サーバー基本情報」にてご確認いただけます。

※確認終了後は必ず追記した項目を削除し、元の設定に戻すこと。

DNSサーバー設定の切り替え

hostsの書き換えにてウェブサイトを確認した後、ドメインを取得した提供元で、ネームサーバー情報を利用サーバー(wpx)用に変更し、DNSサーバーの設定を切り替えます。

使用感としては、やはりWordpressにてブログ運用へ特化しているので、利用範囲は限定される印象です。
共用SSL、独自SSLなど他にもやりたいことある!という方は上位のエックスサーバが望ましです。



オンライン印刷サービス Superprintにて個人名刺作ってみた

さて、以前から、Web業界で活躍する日本人の素敵な名刺デザイン 2013年版
参考になるクリエイティブ名刺デザインなどを拝見し、ちょっとばかり刺激を受けたきっかけで名刺でもつくってみるかと思いたち、
割安であったSuperprintさんにてさっそく制作してみました
Superprintさんのサイト上から入稿用データのテンプレート(.ai)がダウンロード出来ますので、編集して入稿するだけです。

Superprintさんの紹介

1.値段が割安

今回の印刷では標準的なマシュマロホワイトにて作成してみましたが、さらっとみた限り、他用紙・オプションを含めて他の印刷会社さんと比較しても割安ではないでしょうか。

2.用紙やオプションの無料サンプルあり

SuperPrintの用紙・印刷のサンプル集を無料でお届けしていただけますので、事前にデザインの当たりや用紙の質感などがわかりやすいです。また、用紙の種類もオーソドックスなナチュラルなものから個性派のザラザラ系、プラスチックなど質感も多様で、Goodです!ただし、私の場合はサンプルが届くまで多少日数(1ヶ月くらいだったかな・・・)がかかりました。
※無料サンプル請求時の自動返信メールにては、以下のように記載されてありましたが。(用紙サンプルの出荷まで1~2週間のお時間をいただく場合がございます。)
まぁ無料なので文句はありませんが、倍以上の日数でも連絡等も無かったのはちょっと残念です。

3.サポート体制

印刷データのチェック・校正のやりとりでは、PDFによりカンプの表示、カラー(コード)の調整など重点的に行ってくれるようです。

難点として感じたのが、支払い方法が先払い銀行振り込み、または配送時の代金引換(ヤマトコレクト)とちょっと少ないように思えます。

出来上がった名刺

入稿してから、約10日前後でメール便にて届きました。
専用の袋を開封してみると箱の登場!今回は100部の注文でしたので、この箱の中に50部が2セット入っています。

20140208-194541.jpg

今回は普通にマシュマロホワイト-両面フルカラーを利用しました。サラサラとした触り心地です。
裏は塗りでなくとも、モノクロで良かったかな・・・。

20140208-194909.jpg

はやく、捌いてしまいたい今日この頃です(笑

ワイヤーフレーム・モックアップが軽快に作れるmoqupsが便利

moqups

以前から使用しているワイヤーフレームツールのひとつ、
オンライン上でサクサクとワイヤーフレームが作成できるサービス「moqups」のご紹介です。

Moqupsは動作も軽く、直感で使えるモックアップ作成ツールです。
ドラッグ&ドロップで楽に操作することが出来て、基本的な機能も全て揃っています。ただし、画像をアップロードするにはユーザー登録が必要となります。

1.無料で利用可能

  • データ制限無し
  • ユーザー登録にてPDF or PNGに書き出し可能

2.豊富なパーツ

必要なUIパーツが豊富に揃っているので、かっこいいワイヤーフレームが作れます。
パーツはドラックアンドドロップで貼付けることができ、とにかく操作が簡単です。

左のリストから追加したい要素をワイヤーフレーム内にドラッグします。
要素をクリックすると詳細な設定が行えます。

この他、ご紹介しきれない機能が満載です。
登録不要で作成はすぐにできますので、ぜひ一度試してみては。

当サイトも、サクりとレスポンシブデザインにしてみた。

当サイトも、サクサクとレスポンシブデザインにしてみた。

今頃感ただよいますが、
これまで、PC画面サイズ用のみとして機能していたテーマをスマートデバイス向けに、
レスポンシブデザインを適用してみました。

1.モバイルファーストへの転換

PCベースのレイアウトから、基本をモバイルとして1カラムで考え、画面サイズが大きくなることで、
2カラムへと変化させる。

2.viewport の設定

レスポンシブデザインにて、マルチデバイスに対応する為、viewport(width=device-width を設定します。
>HTML

<meta name="viewport" content="width=device-width">

2-2.IE8への対応

・・・。

3.可変を前提とする

>CSS

#container,
.wrapper {
  margin: 0 auto;
  width: 90%;
}

4.ブレイクポイントを設定する

今回は、スマートフォン、PC(タブレット)として320px、768pxの2つをブレイクポイントとしました。

>CSS

/* for SmartPhone */
@media only screen and (min-width: 320px) {
}

モバイルファーストとして考えてるのでベースになります(1カラム)。

/* for Tablet */
@media only screen and (min-width: 768px) {
}

2カラムへ変化。

5.WordPress アップロード画像の処理

レスポンシブデザインにするため、アップロード画像の可変処理を追記します。
(記事本文内の画像がはみ出ないようにね!)

>CSS

img.size-full,
img.size-large,
img.size-medium,
.attachment img {
    max-width: 100%; /* When images are too wide for containing element, force them to fit. */
    height: auto; /* Override height to match resized width for correct aspect ratio. */
}

その他、もろもろ調整はしておりますが、とりあえず主要なとこだけ。
メジャーブレ960pxは、まぁ置いときましょう・・・。

レスポンシブデザイン自体、実際どうかなと想うところもありますが、まぁブログだし。

法要カタログチラシ

さてさて、消費税も上がるのも確実かという今日この頃。
それに伴い、印刷物の税込表示等、頭痛のタネは様々あります。

そのため、現状増刷NGにて取り急ぎのカタログチラシをサクッと準備。

御仏事・御法要チラシ

sublime text2ショートカット

最近はコレ一択となっているsublime text2

ショートカット集まとめ

編集

{ ” Ctrl + C ” | 選択していなければ行をコピー }

{ ” Ctrl + X ” | 選択していなければ行を切り取り }

{ ” Ctrl + Shift + K *| 行を削除 }

{ ” Ctrl + Enter ” | 後ろに行を挿入 }
続きを読む

寒中見舞い

寒中見舞い
2013年も明け、はや8日。

松の内も過ぎ、寒中見舞いを出す頃合いです。

喪中であるものの、年賀状を楽しみに特に報告はせず、皆の便りを楽しんでおりました。
年に1度ですし(笑)

ただ、貰うばかりではなんだかなぁと寒中見舞いを出す事に。
昨年は子供も生まれてる事ありますので…
続きを読む