ウェブ

イオンモバイルが変わる。自らMVNOで月額480円から。サポートも安心?

aeon-mobile

2016年2月26日(金)より格安スマートフォン「イオンモバイル」自らがMVNO事業者となる新プランの提供を発表されました。
これまで、外部のMVNO事業者の回線と、スマートフォン端末を組み合わせて販売しておりましたが、遅かれ早かれMVNOになるかと思っていました。
自身がMVNOとなり、NTTドコモ回線を使ったサービスを提供するということですが、案の定というか、思ったより遅かったなという印象です。

さて、その新サービスの特徴は、

業界最安級 スマホ通信料金 月額480円

※データ通信プランで、高速通信容量1GBの場合

身近にいやというほどある店舗での充実サポート

全国213店舗もあるイオン店舗で故障修理受付や料金プラン変更等のサポートを行っています。

どこよりも安い料金プラン

各々のライフスタイルに合わせて、通信基本料金月額480円から選べる格安の料金プランが用意されています。

高速データ通信容量 音声プラン データプラン
0.5GB 1,180円
1GB 1,280円 480円
2GB 1,380円 780円
4GB 1,580円 980円
6GB 1,980円 1,480円
8GB 2,680円 1,980円
12GB 3,280円 2,680円
20GB 5,980円 4,980円
30GB 7,980円 6,980円
40GB 10,800円 9,980円
50GB 14,800円 13,800円

解約金ゼロ

こちらの記事で紹介している「音声通話格安SIM最低利用期間比較表」のように、最低利用期間と解約金はよくカラクリがありますが、2年縛り(最低利用期間)などなく、いつ解約しても解約金が無料です。

手厚いサポート体制

  • 電話サポート
    使い方、設定など電話サポートですべて解決!(※月額300円)
  • 安心保障
    故障、破損などが発生しても新しいものと交換!(※月額350円)
  • セキュリティ
    国内最高レベルのウィルス検出率でスマホを守る!(※月額150円)

上記3つを合わせた「安心パック」月額600円~

他サービス特徴

  • お使いの電話番号でそのまま乗換え。
  • 余った高速通信容量は翌月に繰り越せます
  • 高速通信のオン・オフ機能(別途切り替えするためのアプリとかあるのかな?)
  • 初期設定してるからすぐに使える!
  • ドコモ回線だから繋がりやすい
  • 分割金利なし

まとめ

サービス自体は他MVNOと比べ目新しいものなどはないです。イオンの店舗は全国各地にあるので、「結局どうしたらいいの?ネットで申し込み?」などとこれまでわからずにMVNOにとっつきづらかった方でも簡単に始められること、細かい料金プランで、自分のスタイルに合わせた利用ができることがメリットですかね。生活の身近にあるイオンなだけに、シェアの奪い合いは今度どうなることでしょう。

作業効率アップ!Windows用コマンド(検索)型ランチャーが欠かせない

computer

ドーモ。父豆です。
プライベート、ビジネスに限らずパソコン利用する際、目的のアプリケーションへすぐにアクセスしたいものですよね。
通常であれば「スタートメニュー」→「すべてのアプリ」→「Google Chrome」など、立ち上げるまででもいくつかのアクションを踏まねばなりません。

そんな状況を打破するためにもランチャーがあります。さらに、マウス使うの極力避けてキーボードのみで操作したいということで、コマンド型ランチャーを利用しています。

そんなコマンド型ランチャーの代表例として、Macのランチャーアプリで有名なものに「Alfred」というものがあります。
Alt+スペースキーで立ち上げて、入力欄にアプリケーション名を入力(部分一致)するだけで、目的のアプリケーションを立ち上げられるという素晴らしいアプリです。

もちろん、Windowsでもランチャーの存在は欠かせません。一度使ってしまえば、アプリケーションフォルダを開くのすら面倒になってしまいます。

ランチャーといっても、入力欄かから検索するタイプや、事前に登録しておいたアプリを起動するものなど、様々あります。
そこで、Windowsで使えるAlfredみたいなコマンドライン型のランチャーを紹介します。

Executer

こちらで紹介されていたランチャーソフト「Executor」。
登録しておいたキーワードやコマンドを入力してアプリを起動するランチャ。キーワードを直接Googleで検索したり、ファイル検索も可能です。日本語には非対応。

Executor | 公式サイト

Bluewind

こちらで紹介もされているbluewind。あらかじめファイルやフォルダを登録しておいたキーで呼び出して開くアプリです。

一度設定してしまえば、楽でしょうが、私はファイルマネージャーも別途利用しており、登録しておくアプリはあまり必要性を感じませんでした。

bluewind | Vector ダウンロードページ

fenrir

fenrirはファイルもフォルダも登録する必要がなく、指定フォルダ以下のファイルをスキャンし、インデックスした中からファイル名をインクリメンタル検索しソフトを立ち上げる、非常にシンプルなランチャーです。
スキャン設定も充実しており、スキャンするファイルの種類、除外したいフォルダなどが設定可能であるため、動作も軽快です。
また、インスタントコマンドという特定の文字列を入力することで特定のアプリ、ファイルを呼び出すことも可能で、そのためfenrirからGoogle検索も可能になります。
私が長らく使用していたソフトです。導入・設定はこちらを参照。

fenrir作者ホームページ

Launchy

コマンドライン型のランチャーソフトで、ホットキーを割り当てておくことで、手軽に検索することができる優れものです。非常に軽快に動く、Windows、Linux、Macとマルチプラットフォームの嬉しいアプリです。
ソフトウェアを選択した時にTabキーで、そのソフトがインストールされたフォルダを開けます。
スキンによって外観も好みに変えることができます。

Launchy | 公式サイト

Wox

こちらで紹介されていたソフト・ファイル・フォルダなどをまとめて検索・即起動できる無料のWindows用ランチャーソフト「Wox」。
Woxの入力テキストボックスはデフォルト状態ではAltスペースにショートカットキーが割り当てられており、表示・非表示を切り替えることができます。
ソフトウェアやフォルダやファイルを一元的に検索可能で、例えば”adobe”と検索すると、Adobeのソフトウェアがずらりと表示されます。を使って検索結果をスクロールし実行できます。
個人的には、表示フォントなども変更可能なのは良いのですが、テキストボックスや検索結果の候補リストが大きく画面のスペースを取るのがマイナスだと思います。

Wox | 公式サイト

まとめ

ランチャーアプリとして重要視するポイントは、やはり動作の軽快さです。しかし事前にアプリを登録するタイプ、任意のディレクトリ・ファイル形式などを検索するタイプの方が今は主流ではないでしょうか。また気持ちよく使いたいもので、個人的にはデザイン性やUIも重要にする点です。

長らくは、「fenrir」を使っていましたが、今は「Launchy」に落ち着いているところです。

Googleアカウント「セキュリティ診断」完了でGoogle Drive無料ストレージ2GBが貰える

google-storage

ドーモ、父豆です。
無料でGoogleストレージが貰えます!

現在、Googleが、セキュリティ診断のページでGoogleアカウントの「セキュリティ診断」を行ったユーザーに対し、クラウドストレージサービス「Google Drive」のストレージ容量を無料で2GBプレゼントするキャンペーンを実施しています。

google-sec01

2月10日の「Safer Internet Day 2016(インターネット安心デー2016)」を記念したもので、2度目のキャンペーンとなります。
セキュリティ診断の内容は、自身のGoogleアカウントの状況を確認するもので、アカウントの復旧情報の確認、接続されている端末の確認、アカウント権限の確認、アプリパスワードの確認、2段階認証プロセスの確認を行い、数分で終わるものです。

google-sec01
接続されている端末の確認です。

google-sec01
アカウント権限の確認です。連携しているアプリ、サービスを確認します。

google-sec01
2段階認証を使用しないアプリパスワード、2段階認証プロセスの設定の確認です。確認方法やバックアップ用の電話番号を確認します。

google-sec01
セキュリティ診断をすべて完了し、無料の2GBを貰いました。

googleアカウントはandroid端末やGmailなどなど使っている方も多いかと思いますし、この機会に、貰えるものは貰っておきましょう!
そして、自分のGoogleアカウントがどのサービスやデバイスに紐付いているのかを確認し、連携の整理も行っちゃいましょう。

FREETEL SIMフリースマホNo.1記念 最大1年間ゼロ円キャンペーン

freetel_camp

ドーモ。父豆です。

最近、何かと目にする機会の多かったFREETELが、「SIMフリースマホNo.1記念 最大1年間ゼロ円キャンペーン」をしているようです。
その内容が、1GB分のデータ通信料を(6ヶ月 OR 12か月)無料にするというものなんです!

このキャンペーンは以下、2通りあります。

キャンペーン1

対象期間中にFREETEL SIMを新規でご契約いただくと、

6ヶ月間 毎月1GBまでの
データ通信料が無料!

※1GBを超えるデータ通信料は通常の従量課金となります。

キャンペーン2

FREETEL端末とSIMをセットで同時購入いただいた場合は、

1年間 毎月1GBまでの
データ通信料が無料!

各プランの通常月額料金表

種類 ~100MB ~1GB ~3GB ~5GB ~8GB ~10GB
データ専用 ¥299 ¥499 ¥900 ¥1,520 ¥2,140 ¥2,470
データ専用+SMS ¥439 ¥639 ¥1,040 ¥1,660 ¥2,280 ¥2,610
音声通話付 ¥999 ¥1,199 ¥1,600 ¥2,220 ¥2,840 ¥3,170

上記料金がキャンペーン期間申し込み中で以下の通りとなります。

各プランのキャンペーン適応後の月額料金表

種類 ~100MB ~1GB ~3GB ~5GB ~8GB ~10GB
データ専用 ¥0 ¥0 ¥401 ¥1,021 ¥1,641 ¥1,971
データ専用+SMS ¥140 ¥140 ¥541 ¥1,161 ¥1,781 ¥2,111
音声通話付 ¥700 ¥700 ¥1,101 ¥1,721 ¥2,341 ¥2,671

キャンペーン期間が、2016年2月4日(木)~2016年2月22日(月)までとなっておりますので、何かと話題の格安SIMに乗り換えしたいという方は、この機会にしてしまうのがお得かと思います。
私は、格安SIMのNifmoですが、もう最低利用期間の6ヶ月も経過しておりますので、MVNOを変えてしまうのもありかもしれません。実際の環境では、自宅も仕事もWi-Fi環境なので毎月1GBも使用しません。
現状、Nifmoの音声通話付(3GB)で1600円/月ですから、この機会に1GBのプランに変更してしまえば、700円/月と差額で900円のマイナスとなります。
契約がSIMカードのみとなりますと、半年で5400円、6ヶ月以降も401円/月マイナスとなります。

しかし、忘れていけないのは、MNPするときの転出手数料や、初期手数料です。
MNPする際は、転出元にて転出手数料が発生し、転入先にて初期手数料が別途かかります。
たとえば、NifmoからIIJmioにMNPするの場合、NifmoにてMNP転出手数料3,000円(税抜)、IIJmioにて初期費用3,000円(税抜)の合計6,000円(税抜)が別途発生します。

月々のコストも大事ですが、各手数料や申し込み・設定の手間なども考えた方が良いです。

参考にMVNOの最低利用期間を以下の通りまとめます。

音声通話格安SIM最低利用期間比較表(※2016年2月6日時点)

MVNO 最低利用期間
freetel なし( ※転出手数料 = 契約当月を15000円として、以降月ごとに-1000円(14000 → 13000 → ・・・ )
IIJmio 利用開始日の翌月末日まで{ ※音声通話機能解除調定金 = (12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜) }
b-mobile 5ヶ月
NifMo 6ヶ月
U-mobile 6ヶ月(LTE使い放題プランは、12ヶ月)
OCN モバイルONE 6ヶ月
ぷららモバイルLTE 6ヶ月
DMM mobile 12ヶ月
楽天モバイル 12ヶ月
mineo 12ヶ月
UQ mobile 12ヶ月
BIGLOBE LTE 12ヶ月
hi-ho LTE typeD 12ヶ月
So-net 12ヶ月
もしもシークス 12ヶ月
Y!mobile(ワイモバイル) 24ヶ月

容量無制限のフォトストレージ Amazon プライム・フォトとGoogleフォト比較

amazon-primephoto

先日Amazon.co.jpがPrime会員向けに無料で容量無制限の写真用ストレージサービス「Amazonプライム・フォト」を開始しました。

プライム会員であれば、容量無制限で利用でき、ファイルサイズの大きいデータもオリジナルの非圧縮のままアップロードできます。
RAWデータや高解像度ファイルもそのまま保存可能です。
また、専用アプリを利用することで、スマホで撮影した写真を自動でアップロードすることも可能です。

いまや、高解像度のカメラを持つスマホ時代で、写真などはどんどん溜まる一方です。
ましてや、機種編などの際、溜まっていた写真はどうしてますか?携帯端末を取っておきますか?パソコンやSDカードにうつしますか?
削除してもいいやと割り切っていますか?

私も20代前半以前の独身時代は、写真は消えてもいいやという思いでしたが、家庭をもち、娘を授かり、これまでより写真が溜まっていく様になり、
そのストレージとして、Amazon プライム・フォトなどは非常に良いサービスです。

しかし、Amazon プライム・フォトに負けていないサービスとして現在利用中のgoogleフォトがあります。

Googleフォトって

「Google フォト」は、PC・スマートフォンなどの各デバイスに保存した写真を、Googleのクラウドサービスにアップロード。インターネットに繋がっていればどこからでも簡単にアクセスすることができるサービスです。
すべての写真を、1か所で簡単に管理し、Googleフォトには何枚でも保存できます。googleお得意の自動タグ付けによる強力な検索機能をはじめ、Web上での簡単な写真の編集機能、アルバムを作っての共有機能など、素敵なサービスです。

googleフォトとAmazonプライムフォトの比較

サービス Amazonプライム・フォト Googleフォト
料金 3900円(年会費) 無料
保存容量 画像ファイルならば容量無制限・無圧縮で保存可能 写真を圧縮して保存する「高品質モード」ならば容量無制限
無圧縮の「元のサイズモード」で保存すると最大で15GB
写真サイズ 無制限 1600万画素
RAW形式 △(機種、容量に依存する)
圧縮・リサイズ されない される
写真以外(動画含む) 5GBストレージの範囲内 15GBストレージの範囲内
自動アップロード機能
アルバム・共有機能 ○(共有リンク設定可)

まとめ

国内プライム会員向けサービスは、昨年9月に動画見放題「プライム・ビデオ」、11月に音楽聴き放題「Prime Music」、プライム対象商品なら無料の配送特典(お急ぎ便、お届け日時指定便)などがあり、既にプライム会員の方には、間違いなくAmazonプライム・フォトがおすすめです。

まだプライム未会員の方、写真ストレージサービスを利用されてない方などは、Googleフォトの方が気軽に利用できるのではなでしょうか。
写真が圧縮・リサイズされるといっても、写真展をするわけでもなく家庭利用の範囲内であれば特に問題ありませんし、Google得意の写真に写っている人や場所を判断して、自動的に分類までしてくれちゃうアシスタント機能で写真の整理整頓、検索も手間がかかりません。この検索機能はGoogleフォトが優秀かと思います。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、当記事参考に、写真ライフを楽しんでください。
保存していた写真を見返すと、成長や、おバカな記録など楽しいものです。

wordpress超高速レンタルサーバーのwpXクラウドへ移転しました。

WordPressでブログを始めたい!最適なサーバはどこがいいの?と、WordPressに最適なサーバー選びからインストール、SEOやら高速化など、ブログ運営に悩んでる方も多いのではないでしょうか。
wpXクラウドはWordPressに最適化しているので、通常のレンタルサーバーよりも管理画面がシンプルで初期設定も簡単です。またキャッシュ関連のプラグイン使用しなくても高速なので、ブログの運営のみに集中でき、初心者~すでに運営されている方にもおすすめです。

wpXクラウドのおすすめすポイント

  • 初期費用無料
  • 月額500円~(税抜)で始められる
  • ご利用の状況に合わせて__全7段階__の拡張が可能
  • 自動バックアップ(MySQLデータ/サーバー領域)
  • WordPressが誰でも簡単にインストールが可能!
  • 14日間無料お試し可能

そこで、今回当ブログをwpxクラウドへ移行することにしました。



移転元でバックアップが必要なデータの準備

今回は、新たなサーバへの引っ越しのため、移転元で必要なデータを準備し、移転作業を進めていく必要があります。

WordPressサイトファイルのバックアップ

移転元サーバーから、必要なファイル一式のバックアップを取得します。
ファイル一式のバックアップを取得するには、一般的にFTPソフトを用いて、対象のファイルを一式バックアップします。

.htaccessファイルの取得

FTPソフト等を使用し、WordPressインストール先にある「.htaccess」のファイルをダウンロードください。

データベースのバックアップ

移転元サーバーで、データベースのバックアップを取得します。
データベースのバックアップを取得するには、一般的に「phpMyAdmin」を用いて、エクスポート行うか、バックアップのプラグイン(例/BackWPup)などを使用します。

wpxクラウドへ新規申し込み(会員登録)

wpx_steo01

wpxクラウドのトップページより「新規お申し込みをする」ボタンをクリックし、『利用規約』と『個人情報の取扱いについて』を確認のうえ、お申込みフォームよりメールアドレスを登録します。
「【wpX】お申し込みメールアドレスの確認」というメールが届きますので、お申込みURLのリンクをクリックします。

wpx_steo01

「サーバーID検索」画面にて、希望のIDを検索し、確認します。利用可能であれば、そのまま申し込み手続きを進めます。

wpx_steo01

会員登録フォームの入力画面にて、必要項目へ入力を行い、確認画面にて会員登録を確定します。
すると、「【wpX】■重要■会員登録完了のお知らせ」というメールが届きますので、確認してください。

また、サーバの設定が完了すると「【wpX】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」というメールが届きます。
設定が完了次第、利用可能となります。

※14日間は無料お試し期間となります。その間に、お支払いを行ってください。無料お試し期間後、お支払いがなければ、利用停止されます。

wpxクラウドの設定

wpx_steo01

「管理パネルログインフォーム」からログインします。

ドメインの設定

管理画面左部メニュー「ドメイン管理 > ドメイン追加設定」クリックします。
「ドメイン追加」タブをクリックし、「他社管理のドメインを追加する」をクリックします。

wpx_steo01

任意の認証方法を選択し、「ドメインの追加(確定)」をクリックし、「ドメイン設定の追加を完了しました。」と表示されれば、設定完了です。

WordPressのインストール

管理パネルのトップで「サーバーの管理 > 新規インストール」をクリックします。
以下、必要項目を入力し、「次へ進む」をクリックします。

  1. サイトアドレス/設定完了した独自ドメインを選択。
  2. WordPressID/WordPressログインで使用する、希望のユーザー名を入力。後で変更不可。
  3. ブログ名/ブログのタイトルを入力。
  4. メールアドレス/WordPress管理者のメールアドレス。

入力内容を確認し、問題なければ「確定(WordPressをインストール)」をクリックします。
「パスワード」は自動で生成されるので、メモをする。

「サイトURL」をクリックして、ブログを確認します。
これにて、WordPressのインストールはこれで完了しました。

新サーバーへファイル(テーマなど)をアップロード

復元はまずバックアップしたファイルを新しいサーバーへアップロードするところから始めます。
FTPソフトを使い新サーバーへ接続後、手元のPCからファイルをアップロードします。

新サーバへバックアップしたデータベースをインポート

wpx_steo01

バックアップしたデータベースの情報を新たなデータベースに取り入れます。wpx管理画面メニュー「データベースのバックアップ」をクリックします。
「インポート(復元)」の「参照」ボタンをクリックし、バックアップしたデータベースファイルを選択し、「インポート実行」をクリックします。

取得した.htaccessの適用

「サーバーの管理 > .htaccessの編集」にて、移転元で取得した .htaccess の内容を適用します。

移転後の動作確認方法

お使いのパソコンにて「hosts」ファイルを編集することで、ネームサーバーを切り替える前に動作確認を行うことが可能です。

「hosts」ファイルとは

「hosts」ファイルとは、Windowsのシステムファイルの1つで、IPアドレスとそれに対応するホスト名(ドメイン名)の一覧が記載してあるファイルです。
このファイル内に、利用サーバー(wpx)のIPアドレスと、ご利用のドメインを合わせて記載することで、ネームサーバーの設定を行う前に、お使いのパソコンから当該ウェブサイトへのアクセスが可能となります。

hostsファイルの場所
Windows8/7/vista/XP C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
Windows2000 C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts
Windows95/98/Me C:\Windows\hosts

「hosts」ファイルの編集

「hosts」ファイルをテキストエディタで開き、最下部に新しい行を追加します。
「サーバーIPアドレス + (半角スペース) + ご利用ドメイン名」と入力をして、上書き保存してください。

例)192.3.6.9 hogehoge.com
ご利用のwpXサーバーのIPアドレスは、「管理パネル」の「サーバー基本情報」にてご確認いただけます。

※確認終了後は必ず追記した項目を削除し、元の設定に戻すこと。

DNSサーバー設定の切り替え

hostsの書き換えにてウェブサイトを確認した後、ドメインを取得した提供元で、ネームサーバー情報を利用サーバー(wpx)用に変更し、DNSサーバーの設定を切り替えます。

使用感としては、やはりWordpressにてブログ運用へ特化しているので、利用範囲は限定される印象です。
共用SSL、独自SSLなど他にもやりたいことある!という方は上位のエックスサーバが望ましです。



格安SIM 楽天モバイル5分かけ放題はどうでしょう?

rakutenhonda

Nifmoの父豆、iiJmio母豆と二人そろってMVNOに変更した我が家ですが、これまで、MVNOでかけ放題というプランはありませんでした。
(Nifmoでは24時間かけ放題プラン「NifMoでんわ」が提供されておりますが、インターネット経由のIP電話で、論外かな。)

そんな中、楽天モバイルは、番号そのままで、5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題の「5分かけ放題オプション」を開始しております。

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、大手通販サイト「楽天市場」でおなじみの楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが提供する格安SIMです。

1カ月500円台という安さ重視のプランから、1カ月10GBデータ容量のプラン、通話SIMプランまで使いやすいプランが揃っています。
さらに楽天モバイルの最大の魅力は楽天市場等と連携したサービスではないでしょうか。様々な用途に使える楽天スーパーポイントが月額料金100円につき1ポイント貯まるなど、楽天の強みであるポイント文化をフルに生かしています。



5分かけ放題オプション詳細

オプション料金は月額850円(税別)
通常の通話であれば、20円/30秒ですので、850円であれば、21.25分/月 以上通話する方はお得なわけです。
※ただし、5分以上通話することがある方は、あてはまりません。
しかし、以下のように、ほとんどの1通話あたりの通話時間は5分以内で済んでいるデータもあるわけで、要件程度であれば5分あれば十分ですね。

gn-20151215-13

5分かけ放題オプションは、お得な電話アプリ「楽天でんわ」を利用します。
もし、1回の通話が5分を超えた場合でも、楽天でんわを使用するので5分超過分につき30秒ごとに10円の通話料です。

ちなみに、私はNifmoですが、通常の電話回線にて通話が必要な時には、10円/30秒になる「楽天でんわ」を利用しています。
私の毎月の通話料金は、毎月850円もしてませんので、かけ放題を利用する必要もありません(笑)

妻との日常的な通話は、いまや基本LINEですし、実母や友人などとも通話するのにLINEで済んでます。今は友人と通話することもほとんどありませんが(´;ω;`)…
どうしても090/080で通話が必要になるのは、仕事での連絡ぐらいですね。
仕事での打ち合わせ含め5分以上電話する方は、むしろ2台持ちで、かけ放題のガラケーでも持ったほうが良いと思います。
でも、、、2台持ちって意外とめんどくさいですよね。できることなら1個ですましたいところです。

5分かけ放題オプションの利用上の注意点(一部)

  • 楽天モバイルにお申し込みの前に既に楽天でんわを使用している方は5分かけ放題オプションに申し込みする場合、楽天でんわを一度ご解約する必要があります。
  • 楽天でんわを使用するので、クレジットカード払いにて楽天コミュニケーションズからの別請求となります。
  • 楽天でんわの開通はSIMカード到着から数日かかる場合があります。
結果、5分かけ放題オプションは番号そのまま通知が可能なのはGoodで、ビジネスシーンではあまり使うことがなく、メッセージを送るのが面倒で、サクッと電話で要件すましたいという方には良いのではないでしょうか

容量不足に!スマホにTranscend microSDXCカード 64GBを購入しました

nifmoにて機種変更したasusのzenfone5は、内臓メモリの容量が16GBと、若干こころもとなく、すでに残り1GB程度と少なくなっておりました。

子供がいるとスマホで日常的に写真とったり、ムービー撮ったり、他にも必要アプリをいれたりしていると、あっという間に容量ってなくなるんですよね。

過去にiphoneを利用していた時も内蔵メモリ64GBだったため、どうせならと以下をポチッと購入。

[amazonjs asin=”B016B6AMFY” locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 400× (無期限保証) TS64GUSDU1PE (FFP)”]

今回の購入にあたり、ちなみに他の人はスマホの容量って、どのくらい使用しているんだろう・・・と思い、周りの方のスマホを覗いてみると、
ほとんどの人が、空き容量80%以上などと、「全然使ってないやんかーい!!」という結果に。

追加でアプリをインストールしている人も最多の人で6個以内と、私の周りの方は、ほぼデフォルトのままの方が多かったです。

さて、さっとく品物が届き、とりあえず背面カバーを開け、SDカードのスロットにカチッと挿入。
設定 > ストレージ を見ると、外部ストレージの空き容量が「60GB」と表示に。

いくつかどーでもよいファイルで読み書きをしてみましたが、特に大丈夫そうなので、もうこのまま使っちゃえ!