34歳 人生のおすすめ映画(洋画)ランキングBEST10

cinema-rank

ドーモ、映画大好き父豆です。

母親が映画好きということもあり、保育園児であった3歳という物心ついた時から映画館にいた記憶があります。
それからレンタルビデオ店でバイトするなど、私にとって常に映画は身近でありかけがえのない存在です。娯楽であり、人生そのものと言えます。

映画館から家までの道は自分がジェームズ・ボンドであったり、夜でもまるで真昼のような光を感じていたりと、感動とともに魂を揺さぶられてきました。
今も映画の価値は変わりません。娘を授かり、原点の映画館へ行くことがなかなかできていませんが、映画を見続けてきています。

そこで、心に残った映画10点をランキングにてご紹介します。

Rank.10 プライベート・ライアン

(1998年/アメリカ 戦争)
監督 スティーブン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス

オスカー5部門に輝いた、スティーヴン・スピルバーグ入魂の「戦場」ドラマ
第二次大戦末期、上層部からの救出指令で、二等兵(マット・デイモン)の行方を求めて敵地に向かった、大尉(トム・ハンクス)ら8名の兵士たち。
ノルマンディ上陸作戦オマハビーチでの惨状を描いた、驚嘆の冒頭24分間は映像、音響ともに残酷なリアルに引き込まれ、苦手な人も多数います。

Rank.9 ダークナイト

(2008年/アメリカ・イギリス SFアクション)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベール

「ダークナイト三部作」の第2作品目。バットマン映画の中でも最高作品。バットマン史上の最凶の宿敵であるジョーカー(ヒース・レジャー)の登場により、自らの存在意義を問うバットマン。
ヒーローであることの葛藤などひとりの人間としての心理・思想を見事に表現しています。
また撮影後、28才という若さで急逝した若手注目株であったヒース・レジャーもジョーカーという悪役を見事に演じていただだけに、いつ観てももの悲しさがあります。

Rank.8 セブン

(1995年/アメリカ サスペンス)
監督 デビット・フィンチャー 主演 ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン

タイトルのとおり、キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス
全編重い題材で後味悪い映画の代名詞ですが、これがまた面白いです。当時、中学生だった頃に観ましたが、登場する人物はそれぞれどんな思考・感情なんだろうと考えた記憶があります。
単にハッピーエンド・バッドエンドと片付けることのできない映画です。

Rank.7 インセプション

(2010年/アメリカ SFアクション)
監督・脚本・製作 クリストファー・ノーラン 主演 レオナルド・ディカプリオ

何重にも思考し予想のつかないストーリー。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。主役を務めるのはの無冠の帝王と称されるレオナルド・ディカプリオ。ディカプリオの代表作といえばタイタニック(個人的には好きじゃありません)になってしまうのでしょうが、その年代、年代にて何とも言えない味を出す俳優です。

Rank.6 レオン

(1994年/フランス・アメリカ アクション・ラブストーリー)
監督 リュック・ベッソン 主演 ジャン・レノ、ナタリーポートマン

孤独なプロの殺し屋のレオン(ジャン・レノ)が同じアパートに住む心に傷を負った少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)と知り合い、お互いに心を開いていくストーリー。ナタリー・ポートマンの魅力が最高です。当時、とても同じ歳とは思えない衝撃を受けました。しかしながらゲイリー・オールドマンは悪役が似合います。

Rank.5 バック・トゥ・ザ・フューチャー

(1985年/アメリカ SF)
監督 ロバート・ゼメキス 主演 マイケル・J・フォックス

1985年の大ヒット作品、タイムマシーンに改造した車「デロリアン」で、過去に行ってしまった主人公の高校生マーティが、自分の両親たちの学生時代に遭遇する物語。
青春時代の父と母の恋愛をくしくも邪魔することになってしまい、自分の存在が消えかかるというコメディの要素入っています。
ストーリーも面白く、シリーズに登場するガジェットが気になること間違いなしなど、SFというジャンルの中でも、多くの方から愛される歴史的な大傑作。

Rank.4 ショーシャンクの空に

(1994年/アメリカ ドラマ)
原作 スティーブン・キング 主演 ティム・ロビンス

刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。
言わずとしれた名作ドラマです。「希望」をテーマに、アンディ(ティム・ロビンス)、レッド(モーガン・フリーマン)の表情がなんとも言えない、感動のドラマです。
おそらく、好きな映画・おすすめの映画で挙げられるのが一番多い映画ではないでしょうか。

Rank.3 シザーハンズ

(1990年/アメリカ ラブストーリー)
監督 ティム・バートン 主演 ジョニー・デップ

ティム・バートン監督とジョニー・デップの初タッグ作品。純真無垢な心を持つ人造人間が人を愛し孤独を知り無力を痛感していくファンタジー作品。
住民に非難されて逃げていくエドワードに胸が締め付けられる・・・。無表情なのに優しさと悲しさを漂わせるジョニー・デップはさすがです。
この作品にウィノナ・ライダーと出会いそのはかなさと美しさ惚れました。ティム・バートンの個性的で綺麗な演出・映像に驚きます。

Rank.2 ユージュアル・サスペクツ

(1995年/アメリカ サスペンス)
監督 ブライアン・シンガー 主演 ケヴィン・スペイシー

とんでもない衝撃力。どんでん返しの代表作。見終わってから、もう1度見たくなる一筋縄ではいかない作品です。
絶妙に計算されつくしたミステリー、臨場感あふれる演出、手に汗握る展開で、サスペンスのNo.1です。
細かい伏線が見事に張り巡らされており、セリフ、行動にすべて意味があるよう見てしまいます。まさに天才。

Rank.1 ブレイブハート

(1995年/アメリカ 史劇)
監督、製作、主演 メル・ギブソン

13世紀末、残酷な王エドワード1世の悪政に苦しむスコットランドの独立と開放を目指して戦った実在の英雄、ウィリアム・ウォレス(メル・ギブソン)の生涯を描く1995年アカデミー5部門を受賞した壮大な史劇ドラマ。
大道具、小道具から衣装まで忠実に再現され、戦闘場面の演出は、CG等を使わず数千人のエキストラの熱演もありリアルな臨場感に満ちています。
登場人物が印象的で一人も欠かせません。愛する者の為、自分の信念のため戦う主人公へ思いを馳せずにはいられません。男なら誰もが震えてします名作です。「フリーーダーーーーム!!!!」

まとめ

こうしてみると、意外と順当なところになったかなと思います。過去のものから最近のものの中で、いざ順位をつけるとなると迷ものですね。最近のものの方が印象に覚えているというのもありますし。
なので、評価をするうえで、今振り返ってというよりはその当時に観たインパクトを思い出して評価しています。人生の上で影響の大きいものであれば、日曜洋画劇場でよく見たジャッキーなどもありますし。
あくまでも、個人の映画(洋画)ランキングなので、それぞれの想いは別かと思います。もし、観ていない映画があれば是非オススメです。人生の中で出会って、決して損はないものばかりです。

振り返ると楽しく、10位まででは語りつくせないほど、まだまだ紹介したい映画がありますので、また10位以下もまとめ次第、アップしたいです。

SNSでもご購読できます。