右か左か。物議をかもす葛藤の戦争映画「アメリカンスナイパー」

americansniper

ドーモ。父豆です。戦争映画は好きなほうですが、その中でも1線を画す一本をご紹介します。

2014年/アメリカ 戦争・伝記
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー

あらすじ

「アメリカン・スナイパー」はイラク戦争に4度にわたって遠征、アメリカ軍史上最多160人以上を射殺した伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生を元に、残酷な戦場と幸せな家庭の狭間で精神が崩壊していく男の葛藤を描いた作品です。

「愛する家族から離れたくない」、「責務を全うし戦場で戦う友人や同志も守りたい」という矛盾を感じつつ、伝説と呼ばれること、自分をだまし冷静であろうすることに疲弊していく姿はなんとも苦しい気持ちになりました。
あたかもヒーローとして描いていくだけでなく、真逆の幻想に崩壊してゆくシナリオで描いているのは、上手いと言わざるをえまん。

本作は公開当初からアメリカで保守派、リベラル派など著名人、政治家まで巻き込む大論争が巻き起こっています。決して、戦争を美化・正当化するアメリカ万歳の映画ではありません。
実際、監督のクリント・イーストウッドはイラク戦争に反対もしています。
この映画は、観るものによっては、どちらともとれる描き方をしており、監督は単に目の前のアナウンスを鵜呑みに受け取るだけでなく、自分で考え、疑問視し、現実をしろうとしてほしかったのではないかと思います。

極力、身近な問題として感じてほしかったのか、映画におなじみの音楽も排除し、代わりに聞こえるのは、鼓動、呼吸、銃声といった描写で、
作戦や友軍のシーンなどは戦争映画によくあるものはなく、主人公クリスが何を見て、何をするのかということに限っている。

無関心であることが嘆く問題であり、右か左かと賛否両論を巻き起こすことも監督の狙いかもしれません。
映画界の伝説、巨匠クリント・イーストウッドこそ最高の狙撃手なのでしょう。

評価 ★★★★☆ 4/5

SNSでもご購読できます。