王道の気持ちよい娯楽映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.1」

こんにちは。どーも、映画好きな父豆です。

gurdians_of_the_galazy

2014年/アメリカ SFアクション
監督 ジェームズ・ガン 主演 クリス・プラット
マーベル・コミックの同名のスーパーヒーローを題材とし、マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給したアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画です。

あらすじ

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所に入れられる。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄し、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うことになる。

公開当初はマーベルシリーズのキワモノかなと思っていましたが、各方面の映画レビューでは評価も低くなく、マーベルの知識ある・なし限らず楽しめました。
本作のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーたちは、犯罪歴のある落ちこぼれたち。前半はそのダメっぷりをコミカルに描きつつも、後半は巻き返し、スカッとするアクションです。異質な容姿であるものの、それぞれも根は優しく、素直なメンバーたちなので、なぜか身近に感じ感情移入してしまいます。
時間も2時間程度とある程度ストーリーがギュッと詰まってはいますが、口の悪いアライグマのロケットと木の精霊みたいなグルードはなぜ、そんなに絆が強いのかなど、各々のキャラクターたちのバックエンドも気になってしまうところです。

王道の娯楽映画

振り返ってみると、コメディあり、アクションあり、ほろっとするシーンありと、王道の娯楽映画です。ストーリー展開もテンポよくスムーズにサクサクすすみますので、笑ったり、ドキドキしたりと深く考えず純粋に楽しめました。
映画にとって音楽も重要な要素ですが、70年代感あれれるミュージックもノリのよい味を出しています。
アメリカで今ヒットした映画だけに続編の製作も決まっており、楽しみです。

評価 ★★★★☆ 4/5

SNSでもご購読できます。