荒唐無稽なスパイアクション映画「キングスマン」

kingsman

2014年 イギリス/スパイアクション 129分
監督 マシュー・ボーン/キャスト  コリン・ファース、マイケル・ケイン、サミュエル・L・ジャクソン、マーク・ハミル

あらすじ

表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組織「キングスマン」の一員として活動しているハリー(コリン・ファース)。ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。ハリーは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたエグジーをキングスマンの候補生に抜擢する。一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者ヴァレンタインが、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。

感想

昨今の“リアル”・シリアスを重視し、身体を駆使したスパイアクションが多い中、キングスマンはどこか懐かしさも溢れる古き良きスパイアクション映画です。
スパイといったら秘密道具!といった具合に、仕込み靴や、腕時計・万年筆など魅力的な武器が満載です。さらに、人類を抹殺しようとする悪の秘密基地(山)に悪の軍団(戦闘員)が登場し、スパイ映画はやっぱりコレコレ♪といったようにとても痛快です。また、たくさんのアクション(暴力)シーンが現れますが、人体が切断されようと、頭が吹っ飛ばされようと、ほとんど血が流れず、リアルとはかけ離れたタッチと音楽でその荒唐無稽さを盛り上げます。血やグロテスクが苦手な方でも、面白く・心地良く観れるのではないでしょうか。

もう教会の殺戮シーンなんて、パーリーですね。

スパイ=イギリス=紳士 といったイメージを背骨としながら、現代を舞台にテンポよくも往年の輝かしいスパイ映画をオマージュしたハイセンスさがあります、、、←ワクワク感、詰め過ぎじゃない。。

個人的にはスパイアクション映画としては、シリアスが好きなのですが、どこかチープさも売りであるような荒唐無稽なストーリー、アクションは嫌いじゃないです。
周りの方も非常に好まれている方が多いので、観ても損はありません。
続編:キングスマン2も作られることが決まっていますし、ハリーはどうなることでしょう。

評価:★★★☆☆ 3.8/5

SNSでもご購読できます。