ハゲアクション揃い踏み「ワイルド・スピード SKY MISSION」

wildspeed-skymission

あらすじ

巨大な犯罪組織から恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)を取り戻したドミニク(ヴィン・ディーゼル)。ロサンゼルスへと戻った彼は、相棒のブライアン(ポール・ウォーカー)や妹のミア(ジョーダナ・ブリュースター)らと平穏な毎日を過ごしていた。
しかし、シーズン最凶ともいえる前作オーウェンの兄である元イギリス特殊部隊出身の暗殺者デッカード(ジェイソン・ステイサム)が復讐(ふくしゅう)を開始します。
一方、ミスター・ノーバディ(カート・ラッセル)と名乗る男が率いるアメリカ政府に属する特殊部隊は、ドミニクに対してジャカンディという男が率いる民間軍事組織によって捕えられたラムジーというハッカーの奪回を依頼します。
ラムジーが開発した『ゴッド・アイ』という監視プログラムは世界中のあらゆる情報機器よりデータを入手することでどんな人物が世界中のどこにいようとわずかな時間で発見することができる代物であり、ノーバディの提案はラムジーと『ゴッド・アイ』の奪還に成功したらそれを利用してのデッカード打倒に協力するというものでした。
ドミニクは依頼を了承しファミリーを守れるのか。

感想

ワイルドスピードに、ついに人気あるジェイソン・ステイサムがついに登場!と言わんばかりのステイサムくんの登場します。出演するきっかけもファンが悪役として出演熱望のNo,1だったとか。
さすがは特殊部隊出身。ここで出た、ここにも来るか、ここにも来るんでしょ!という行く先々でチームの面々を苦しめます。
やっぱりワイスピはハリウッド王道のアクション満載エンターテイメント作品です。テンポの良い音楽と迫力あるアクションは男性だけでなく、女性も楽しめる作品です。
いい意味で裏切りも無く、期待通りの作品です。

プライベートでも大の車好きであったポール・ウォーカーの遺作となってしまい、世界中のファンが悲しみに落ちてしまったものの、涙とともに追悼にふさわしい最高に楽しめる映画ではないでしょうか。
特に本作は、これまでのシリーズファンもニヤリと嬉しい要素が随所に見られ、観る価値の高い作品です。

ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンといかつい面々にさらにステイサムを入れるの!?ハゲのアクション凄すぎ!もうどうなっちゃうの!!??主役がかすんでしまわない???と心配してましたが、いらぬ心配でした。
最後まで各々の持ち味をとても楽しむことができました。

評価:★★★★☆ 4.5/5

SNSでもご購読できます。