面白いけどヤバエグい映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

wolfofstreet

2013年 アメリカ/ドラマ 179分
監督 マーティン・スコセッシ/キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー

あらすじ

実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。1980年代から1990年代のウォール街で、若くして大金を稼ぎ、その後証券詐欺の容疑で逮捕された彼の栄枯盛衰のドラマ
22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアで業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、「ウォール街のウルフ」という異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして創造を絶する転落・破滅へ進んでいく。

[シネマトゥデイ](http://www.cinematoday.jp/index.html)

感想

タイトル通り、ウォール街の狼となっていくジョーダン。証券や金だけにとどまらず、ドラック・セックス・☓☓☓ワードがてんこ盛り過ぎるくらい盛りだくさんと、教育上とてもじゃないけどオススメ出来ないエグい作品です。
あっ、「ロミオ&ジュリエットの・・・」「タイタニックの・・・」と思って見に行くと痛い目に!
現実とは思えないブラック過ぎる内容は、のめり込むか、ドン引きするかどちらかでしょう。当のジョーダン本人は、インタビューにて実際にあったこととほぼ認めているようですが。

何よりも、この映画で素晴らしいのはキャスト達の好演でしょう。
その中でも特に、ディカプリオの成り上がりから壊れゆくジョーダンの熱演は圧巻です。昔からほんと凄い演技だなと感心しますが、静かなイメージもあるディカプリオが熱いくらいにハチャメチャではっちゃける姿は新鮮かつのめり込みました。
マシュー・マコノヒーも短い出演時間の割に存在感あるし、他助演陣も印象を残しております。

3時間にも及ぶ長尺の映画ですが、トーク・ドラック・セックス・トーク・ドラック・セックス(笑)とテンポよく進んでいくので、あっと言う間です。
子供を寝かしつけ、夜10時に観始め、終わり気づいたら、もう1時かよ!・・・。
見終わった頃には、ちょっとした満足と達成感・不愉快な思いが残っていました。

この手の映画に馴染みの無い方、スコセッシって?という方は、不快に思い拒絶するかもしれません。
マネー・不正・ドラック・酒・セックスとブラック描写満載で狂気に満ちていますが、方の力を抜いて、楽しめるかたには満足できるかと思います。

浴びるほどの酒を飲み、手足が麻痺するほどのドラッグでトリップし、まっとうな方法では一生かかっても稼げないような大金を右から左に動かしていく姿は、サクセス・ストーリーなのか、バッドエンド・ストーリーなのか。
長尺で面白いが、人としては不愉快な堕落の極みです。

評価:★★★☆☆ 4.0/5

SNSでもご購読できます。