イオンモバイルが変わる。自らMVNOで月額480円から。サポートも安心?

aeon-mobile

2016年2月26日(金)より格安スマートフォン「イオンモバイル」自らがMVNO事業者となる新プランの提供を発表されました。
これまで、外部のMVNO事業者の回線と、スマートフォン端末を組み合わせて販売しておりましたが、遅かれ早かれMVNOになるかと思っていました。
自身がMVNOとなり、NTTドコモ回線を使ったサービスを提供するということですが、案の定というか、思ったより遅かったなという印象です。

さて、その新サービスの特徴は、

業界最安級 スマホ通信料金 月額480円

※データ通信プランで、高速通信容量1GBの場合

身近にいやというほどある店舗での充実サポート

全国213店舗もあるイオン店舗で故障修理受付や料金プラン変更等のサポートを行っています。

どこよりも安い料金プラン

各々のライフスタイルに合わせて、通信基本料金月額480円から選べる格安の料金プランが用意されています。

高速データ通信容量 音声プラン データプラン
0.5GB 1,180円
1GB 1,280円 480円
2GB 1,380円 780円
4GB 1,580円 980円
6GB 1,980円 1,480円
8GB 2,680円 1,980円
12GB 3,280円 2,680円
20GB 5,980円 4,980円
30GB 7,980円 6,980円
40GB 10,800円 9,980円
50GB 14,800円 13,800円

解約金ゼロ

こちらの記事で紹介している「音声通話格安SIM最低利用期間比較表」のように、最低利用期間と解約金はよくカラクリがありますが、2年縛り(最低利用期間)などなく、いつ解約しても解約金が無料です。

手厚いサポート体制

  • 電話サポート
    使い方、設定など電話サポートですべて解決!(※月額300円)
  • 安心保障
    故障、破損などが発生しても新しいものと交換!(※月額350円)
  • セキュリティ
    国内最高レベルのウィルス検出率でスマホを守る!(※月額150円)

上記3つを合わせた「安心パック」月額600円~

他サービス特徴

  • お使いの電話番号でそのまま乗換え。
  • 余った高速通信容量は翌月に繰り越せます
  • 高速通信のオン・オフ機能(別途切り替えするためのアプリとかあるのかな?)
  • 初期設定してるからすぐに使える!
  • ドコモ回線だから繋がりやすい
  • 分割金利なし

まとめ

サービス自体は他MVNOと比べ目新しいものなどはないです。イオンの店舗は全国各地にあるので、「結局どうしたらいいの?ネットで申し込み?」などとこれまでわからずにMVNOにとっつきづらかった方でも簡単に始められること、細かい料金プランで、自分のスタイルに合わせた利用ができることがメリットですかね。生活の身近にあるイオンなだけに、シェアの奪い合いは今度どうなることでしょう。

SNSでもご購読できます。