妻もスマホセットでMVNO(IIJmio)に変えちゃった。

以前、格安SIM ソフトバンクからスマホセットでMVNO(Nifmo)に替えてみた(選択編)にてMVNOに変えた父豆です。
MVNOお格安SIM携帯を利用して半年ほど、特に不自由なく、月々のコストも抑えられたわけです。
そこで、母豆が利用していた携帯(iphone4s)は古く、動作が非常に重くなることもしばしばであったため、同じくソフトバンクよりMNPにてMVNOに変えちゃいました。

今回、契約したMVNOは父豆と一緒のNifmoにするかと思いきや、同じなのはつまらないと、IIJmioを選択。
選択の理由は、父豆の環境にてどのくらいの速度がでるか、高速通信/低速通信の利用を切り替え可能(クーポン使用のON/OFF)である、などなど見てみたかったという単純な理由です。
料金はどのMVNOも音声通話SIMならそれほど料金変わりませんし、また、妻(母豆)はこの手の機械類には疎い方でもあるので、特にこだわりもないため父豆の独断となりました。

さて、まずはMNPの事前作業として、
電話帳はアプリにてエクスポートしていたデータをgoogleアカウントの連絡先へ。
iphoneの写真は事前にgoogleフォトへアップロード。
これまで携帯キャリアのメールアドレスにて登録していたものをGmailへ変更。

ひと通り、事前作業を終えて、MNPの予約番号発行手続きから、インターネットでIIJmioへ申し込み AND 本人確認手続き(画像アップロード)。
その後はNifmoと違い、スピーディーでした。すぐに商品(携帯・SIM)が発送され、翌日には手元へ到着。

iijmio-sim

中身は、

  • 本体(ASUS Zenfone2 Laser)
  • 音声通話SIM(micro / nano 選択可能)
  • ナンバーポータビリティー開通手続きのご案内
  • MicroSDカード(キャンペーン)

ZenFone 2 Laserのバッテリー・デュアルSIMスロット周りをチェック を参考に
サクッと本体の裏面カバーを開け、MicroSIM、MicroSDカードを挿入。

iijmio-sim01

しかし、ASUS Zenfone2 Laserの裏面カバーは開けづらかったなぁー・・・。

電源を入れ、本体を起動し、初期設定。
これは父豆 ASUS Zenfone5にて経験済みなので、問題なしです。

あとは、ナンバーポータビリティ開通手続きセンターへ連絡、しようと思ったら、
営業時間が9:00~19:00までなので、その日は終了し、翌日電話することに。

その間、Wi-Fiを利用しアプリのインストールやログイン・設定なども終了。

zenfone2_laser

翌日電話後、数時間にて開通の次第となりました。

Nifmo時では、タイムラグにて、数日間携帯の使用が出来ない期間がありましたが、そのような事もなく、
非常にスムーズに出来ました。

全体の利用感としては、良いかなと思います。
夫婦二人で、これまで月々14,000円~16,000かかっていた通信費が6000円程度になります。

[amazonjs asin=”B00PLIDFTO” locale=”JP” title=”IIJ IIJmio SIM ウェルカムパック microSIM 版 <開通期限2016年3月31日まで> IM-B054″]

携帯は慣れれば、最低限の機能でどうにでもなりますし、この毎月の差額は小さな子供を持つ家計にも大きいですよ!

母豆の携帯はMNP前に名義変更にて父豆に変えていますし、もう最低利用も過ぎる頃なので、父豆もIIJmioに移そうかなと。
そうすれば、さらに夫婦間の音声通話が必要な時に「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」で60%引きとお得になりますね。
通常LINEですし、微々たるもんですが。

SNSでもご購読できます。