子供いたら毎日使うよね。体温計を買い替えた。

保育園児のいるご家庭は、あるあるですかね。
ウチには年中・年少未満のクラスの子供がいるのですが、毎日の日課として子供の体温測定が必須となっております。

保育園とのやり取りのための連絡帳には、体温/就寝・起床時間/朝食の有無/機嫌/便の有無/連絡事項と日々書き込む項目があるわけですが、
子供を起こして、ご飯を食べさせ、着替え、歯磨き、連絡帳カキカキと毎朝戦争状態です。(もっぱら忙しいのは母豆です いつも動いてくれる母豆に感謝。)
朝よくおなか痛くなる父豆です。。←しっかり動かないと・・・

しなければならないことが多い、忙しい朝は、ちょっとしたことでもイライラしがちです。

そんな、朝のルーティンの中ででマストアイテムといえる体温計
子供はもちろんのこと、食品系に勤めている母豆も使用します。

これまでは、長女が赤子の時から使用している耳の穴に入れ「ピッ」と一瞬で測定終了する体温系でした。
しかし、この一瞬で測定終了する体温計は、予測にもほどがあるぐらい誤差があるものです。

そんな誤差は、気にするわたくしたち夫婦ではありませんが、「誤差だろう」の限度を超えた「これ、生きてるの?」くらいの数値を出しはじめたため、買い替えることに。

そこで、amazonにてさくっと探したのがこちら

テルモの電子体温計【スピード検温式 平均20秒】ET-C231P

[amazonjs asin=”B003RWTML6″ locale=”JP” title=”テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P”]

体温計といえば、個人的にはオムロンなどのイメージが強かったですが、
病院で見たことあるという記憶がテルモであり、
かつamazonnにてベストセラーということで、さっそくポチっと決済。

商品も翌日には届きました。

使用感としては、これまでと測定していたの体温計の数値とかなりの差があるなぁ(笑)と
これでまでが、予測中の予測だったのでしょう。

測定まで20秒とのことですが、大体20~25秒の感じですね。
3歳ともなれば、そのぐらいは待てるので特に問題ないですが。

ケースのかぱっと開ける箇所はそのうち子供が破壊することでしょう。

なにはともあれ、風邪などの病気の時は、より正確な体温を知りたいわけで、家電としてもそろそろ買い替え時だったので、今回はベストマッチの選択でした。

さっそく、風邪ひいたし図ってみよう。

 ・

 ・
 
 ・

「ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ」 36.2度 よし熱はないなと。

SNSでもご購読できます。