スマホ

イオンモバイルが変わる。自らMVNOで月額480円から。サポートも安心?

aeon-mobile

2016年2月26日(金)より格安スマートフォン「イオンモバイル」自らがMVNO事業者となる新プランの提供を発表されました。
これまで、外部のMVNO事業者の回線と、スマートフォン端末を組み合わせて販売しておりましたが、遅かれ早かれMVNOになるかと思っていました。
自身がMVNOとなり、NTTドコモ回線を使ったサービスを提供するということですが、案の定というか、思ったより遅かったなという印象です。

さて、その新サービスの特徴は、

業界最安級 スマホ通信料金 月額480円

※データ通信プランで、高速通信容量1GBの場合

身近にいやというほどある店舗での充実サポート

全国213店舗もあるイオン店舗で故障修理受付や料金プラン変更等のサポートを行っています。

どこよりも安い料金プラン

各々のライフスタイルに合わせて、通信基本料金月額480円から選べる格安の料金プランが用意されています。

高速データ通信容量 音声プラン データプラン
0.5GB 1,180円
1GB 1,280円 480円
2GB 1,380円 780円
4GB 1,580円 980円
6GB 1,980円 1,480円
8GB 2,680円 1,980円
12GB 3,280円 2,680円
20GB 5,980円 4,980円
30GB 7,980円 6,980円
40GB 10,800円 9,980円
50GB 14,800円 13,800円

解約金ゼロ

こちらの記事で紹介している「音声通話格安SIM最低利用期間比較表」のように、最低利用期間と解約金はよくカラクリがありますが、2年縛り(最低利用期間)などなく、いつ解約しても解約金が無料です。

手厚いサポート体制

  • 電話サポート
    使い方、設定など電話サポートですべて解決!(※月額300円)
  • 安心保障
    故障、破損などが発生しても新しいものと交換!(※月額350円)
  • セキュリティ
    国内最高レベルのウィルス検出率でスマホを守る!(※月額150円)

上記3つを合わせた「安心パック」月額600円~

他サービス特徴

  • お使いの電話番号でそのまま乗換え。
  • 余った高速通信容量は翌月に繰り越せます
  • 高速通信のオン・オフ機能(別途切り替えするためのアプリとかあるのかな?)
  • 初期設定してるからすぐに使える!
  • ドコモ回線だから繋がりやすい
  • 分割金利なし

まとめ

サービス自体は他MVNOと比べ目新しいものなどはないです。イオンの店舗は全国各地にあるので、「結局どうしたらいいの?ネットで申し込み?」などとこれまでわからずにMVNOにとっつきづらかった方でも簡単に始められること、細かい料金プランで、自分のスタイルに合わせた利用ができることがメリットですかね。生活の身近にあるイオンなだけに、シェアの奪い合いは今度どうなることでしょう。

格安SIM 楽天モバイル5分かけ放題はどうでしょう?

rakutenhonda

Nifmoの父豆、iiJmio母豆と二人そろってMVNOに変更した我が家ですが、これまで、MVNOでかけ放題というプランはありませんでした。
(Nifmoでは24時間かけ放題プラン「NifMoでんわ」が提供されておりますが、インターネット経由のIP電話で、論外かな。)

そんな中、楽天モバイルは、番号そのままで、5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題の「5分かけ放題オプション」を開始しております。

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、大手通販サイト「楽天市場」でおなじみの楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが提供する格安SIMです。

1カ月500円台という安さ重視のプランから、1カ月10GBデータ容量のプラン、通話SIMプランまで使いやすいプランが揃っています。
さらに楽天モバイルの最大の魅力は楽天市場等と連携したサービスではないでしょうか。様々な用途に使える楽天スーパーポイントが月額料金100円につき1ポイント貯まるなど、楽天の強みであるポイント文化をフルに生かしています。



5分かけ放題オプション詳細

オプション料金は月額850円(税別)
通常の通話であれば、20円/30秒ですので、850円であれば、21.25分/月 以上通話する方はお得なわけです。
※ただし、5分以上通話することがある方は、あてはまりません。
しかし、以下のように、ほとんどの1通話あたりの通話時間は5分以内で済んでいるデータもあるわけで、要件程度であれば5分あれば十分ですね。

gn-20151215-13

5分かけ放題オプションは、お得な電話アプリ「楽天でんわ」を利用します。
もし、1回の通話が5分を超えた場合でも、楽天でんわを使用するので5分超過分につき30秒ごとに10円の通話料です。

ちなみに、私はNifmoですが、通常の電話回線にて通話が必要な時には、10円/30秒になる「楽天でんわ」を利用しています。
私の毎月の通話料金は、毎月850円もしてませんので、かけ放題を利用する必要もありません(笑)

妻との日常的な通話は、いまや基本LINEですし、実母や友人などとも通話するのにLINEで済んでます。今は友人と通話することもほとんどありませんが(´;ω;`)…
どうしても090/080で通話が必要になるのは、仕事での連絡ぐらいですね。
仕事での打ち合わせ含め5分以上電話する方は、むしろ2台持ちで、かけ放題のガラケーでも持ったほうが良いと思います。
でも、、、2台持ちって意外とめんどくさいですよね。できることなら1個ですましたいところです。

5分かけ放題オプションの利用上の注意点(一部)

  • 楽天モバイルにお申し込みの前に既に楽天でんわを使用している方は5分かけ放題オプションに申し込みする場合、楽天でんわを一度ご解約する必要があります。
  • 楽天でんわを使用するので、クレジットカード払いにて楽天コミュニケーションズからの別請求となります。
  • 楽天でんわの開通はSIMカード到着から数日かかる場合があります。
結果、5分かけ放題オプションは番号そのまま通知が可能なのはGoodで、ビジネスシーンではあまり使うことがなく、メッセージを送るのが面倒で、サクッと電話で要件すましたいという方には良いのではないでしょうか

容量不足に!スマホにTranscend microSDXCカード 64GBを購入しました

nifmoにて機種変更したasusのzenfone5は、内臓メモリの容量が16GBと、若干こころもとなく、すでに残り1GB程度と少なくなっておりました。

子供がいるとスマホで日常的に写真とったり、ムービー撮ったり、他にも必要アプリをいれたりしていると、あっという間に容量ってなくなるんですよね。

過去にiphoneを利用していた時も内蔵メモリ64GBだったため、どうせならと以下をポチッと購入。

[amazonjs asin=”B016B6AMFY” locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 400× (無期限保証) TS64GUSDU1PE (FFP)”]

今回の購入にあたり、ちなみに他の人はスマホの容量って、どのくらい使用しているんだろう・・・と思い、周りの方のスマホを覗いてみると、
ほとんどの人が、空き容量80%以上などと、「全然使ってないやんかーい!!」という結果に。

追加でアプリをインストールしている人も最多の人で6個以内と、私の周りの方は、ほぼデフォルトのままの方が多かったです。

さて、さっとく品物が届き、とりあえず背面カバーを開け、SDカードのスロットにカチッと挿入。
設定 > ストレージ を見ると、外部ストレージの空き容量が「60GB」と表示に。

いくつかどーでもよいファイルで読み書きをしてみましたが、特に大丈夫そうなので、もうこのまま使っちゃえ!

格安SIM ソフトバンクからスマホセットでMVNO(Nifmo)に替えてみた(選択編)

これまで使用していたスマホ「iphone5s」が幾度にも渡る落下の衝撃により、液晶画面が破損しセキュリティのロック解除出来なくなってしまいました。
そこで、ソフトバンクにて毎月7~8000円の費用掛けているのもなぁと思い、試しにMVNOを契約してみることに。

まず検討する上ででの利用条件としては以下事項ぐらいでした。

  • 面倒くさいのでスマホセットで購入
  • MNPにて番号引き継ぎ
  • 音声通話SIMを利用
  • データ通信容量は2GB程度

そこで、いくつかのMVNOを確認したみたところ、以下を候補とすることにしました。

IIJmio 高速モバイル/Dサービス

比較的先行発進のMVNO。独特のクーポン制であり、初めてでは取っ付きづらい印象ですが、得意な人には自分で高速通信/低速通信の利用を切り替え可能(クーポン使用のON/OFF)であり、使いやすいのではないでしょうか。
通話料が半額になる「みおふぉんダイアル」、家族間の通話が割引になる「ファミリー通話割引」があり、両方を組み合わせれば家族間の通話が60%引きです。

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

OCN モバイル ONE

「OCN モバイル ONE」は、「OCN 光」とセットで利用することで月額利用料が、毎月200円(税抜)割引になります。LTEパケット代 900円/月+音声通話 700円/月=1,600円/月額から利用できます。
また、音声通話アプリの「050 plus」月額基本料が無料とのこと。ご存知のとおり、NTTコミュニケーションのサービスになりますので、安心感はありますね。

OCN モバイル ONE – 格安SIMで快適スマホライフ

楽天モバイル

言わずと知れた楽天。楽天モバイルで端末と同時購入した場合などに楽天スーパーポイントが付与されます。

楽天モバイル

NifMo

専用のアプリを使ってショッピングをしたりアプリをダウンロードすることで、NifMoの利用料金が割引される「NifMo バリュープログラム」が特徴です。
また、スマホセット購入でキャッシュバックキャンペーンや、@niftyの接続サービス(固定回線)をご利用中の方が、NifMoにお申し込みいただいた場合、NifMo基本料金から200円(税抜)を毎月割り引きされます。

スマホ(スマートフォン)ならNifMo(ニフモ)

DMM mobile

DMM mobileは、後続発進のMVNOであり、他社を意識した料金プランや、それぞれの細かなニーズの応えたプラン・容量設定などになっています。最安値を謳っているだけにデータSIMなら安い印象があります。
特徴的なのはDMM mobileの利用金額によってDMMの他のサービスで使えるDMMポイントが付くことです。



また、検討する際により細かく見ると以下、留意事項やデメリットが挙げられます。

その他、検討する際の留意事項

  • 容量と価格の他MVNOとの比較
  • 実際の通信速度はどのくらいか
  • 3日間の通信制限があるか
  • 余った容量の繰越はできるか
  • 追加容量の価格は?またその追加容量の単位は
  • 利用後、SIMの追加は可能か
  • SIMカードのタイプ(nano SIM/micro SIM/標準SIM)は選択可能か
  • 他のプランへ切り替えは可能か
  • 音声通話の割引など
  • 専用アプリなどはあるか
  • 公衆無線LANは利用できるか
  • 容量増量など今後に期待できるか
  • 最低利用期間/違約金などはどのくらいか?

MVNOのデメリット

  • 回線速度が遅い。
  • 音声通話料金が高い(無料通話がない)。
  • LINEの本人確認ができない。
  • 使える端末と使えない端末がある。
  • キャリアメール(~@docomo.ne.jp など)が使えない。
  • 家族間無料通話がない。
  • 設定などは全て自分で行う必要がある。
  • キャリアの店頭サポートもなく不安。
  • 支払いがクレジットカード払いが多い

今回はNifmoを選択

上記検討の結果、今回はスマホセットという条件であったため、キャッシュバックもあり安かったNifmoの利用となりました。

[amazonjs asin=”B00PLA8PZG” locale=”JP” title=”NIFTY NifMo 音声通話対応SIMカード 月額1,600円(税抜)~”]

楽天やDMMなどのポイント付与は私には特に響きませんでした。今回iphone5sの残債も残ってましたし、幾分でも安い方が良かったです。

利用端末はコスパも好評であるASUSのzenfon5。
利用プランはデータ通信2GBプラン(2015年4月より3GB) 900円 + 音声通話SIM 700円 = 1,600円
もともと仕事、家のどちらもwifiでの接続であり、パケット通信については、毎月1GBもいきません。
たまに、出先でyoutubeを見て通信制限をくらった事はありましたが(笑)

申込~利用開始の流れ

さて、さっそく契約をしようとキャリアのショップにMNPの手続きに行くも、MNPの場合は電話で予約番号を取得すれば良いのでした。orz

softbank-mnp

予約番号取得時にて丁寧な説明(引き止め)にあいながらも、意思は変わらず予約番号を取得 → 取得した予約番号にてNifmoに申込み → 機器代金の分割払い(24回払い)について株式会社ジャックスと契約 → 本人確認(申込から1日後) → MNP転入開始(申込から2日後)/携帯不通開始 → 発送(申込から3日後) → 商品到着(申込から4日後) 利用開始!

※Nifmo利用の注意点として、スマホの分割払いのを希望する際は
Nifmoのクレジット払い+端末代金の割賦払い(自動口座振替)と別契約(支払い)になります。

>>機器代金と月額利用料金のお支払い方法|Nifmo

結局、どこの会社を選べば良いの?

料金プランや容量をみると、現在ではほぼ変わらずといったところですね。しかし、スマホセットの場合、利用したい端末、MVNOによっては、分割払いか一括払いの選択が出来る出来ないが有るようです。

自分の使用する通信量が分かっていて、情報に強い人など、個人的にはIIJmioかなと思います。
ただ、皆々が得する訳ではありません。MVNOには下記、デメリットなどもあります。各々の利用状況や、環境、デメリットなども踏まえ判断・自己解決出来る方にはあっているのではないでしょうか。

オクトバの「MVNOの主要なプランの比較まとめ」も参考にしてみてください。

以上、MVNO利用のメモでした。