家電

十年目で様々な家電が傷んで、dysonデビュー

25歳で結婚し、早10年目へ突入しようとしております。
山形、東京、仙台・・・転勤、妊娠、Uターン、出産、子育てと様々なイベントを経験して参りました。

どこへ行くのも、「家族は一緒に」がポリシーです。
私の思考に単身赴任はありません。妻はもちろん、家電も一緒に帯同です。

家電の寿命はおおよそ7年~10年と言われますが、壊れるときって一斉にきますから家計には厳しいところです。
そんな中、ついに掃除機のヘッド部破壊により、何とも使用しづらい状況になりました。

また、3歳、5歳の育児真っ最中の今、一日の時間ってほんとあっという間に過ぎ去ります。
仕事に家事と、掃除をかける時間を作るのもしんどいものでした。

今回の掃除機選びのポイントとしては、手軽に取り出し、すぐに掃除できること。
だから、今回はコードレス掃除機を探しておりました。

そこで、今回買い替えた掃除機が、コードレスクリーナー dyson DC61 モーターヘッド

[amazonjs asin=”B00EY8ZDGA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”DYSON DC61motorhead DC61MH”]

CMでもおなじみのサイクロン掃除機dyson。
掃除機のカテゴリの中では非常にお高いものですが、一度は使ってみたいという興味から、amazonにてさっそく購入。
購入から2日後には品物が揃いました。

dysondc61-1

届いてすぐに掃除してみると、取れる取れるホコリと髪の毛の渦。
アタッチメント方式のため、吸引力が多少弱くなるかと気になっていましたが、ハンディタイプでも十分に吸引します!



さて、使用してみての感想としてまとめると、

良い点

  • 持ち運びができ、取り回しもよく、手軽に掃除ができる
  • エアコンやカーテンレール上などの高いところ、車の中もおてのもの
  • ハンディタイプなのに吸引力が凄い
  • ゴミ捨てが簡単
  • 掃除無精のお父さんもできる

気になる点

  • 稼働時間の割に、充電時間が長い
  • ゴミ捨て時に、粉、ゴミが舞う。
  • 甲高い機械音
  • 排気が自分に直接かかる場合がある

というところですね。

ちなみに、今回の下調べにて、ミニモーターヘッドは、その吸引力から動かし辛く、フローリングを傷つける可能性もあるとのことで、フラッドアウトツールを、
かがまずに掃除をできるよう延長ロングパイプを合わせて購入しました。

  • dysondc61-2
  • dysondc61-3

dysondc61-4

フラッドアウトツールは、ヘッド部の高さもなく、テレビ台の下、収納の下などどこにでも潜り込め、ローラーもついてるので、ミニモーターヘッドより非常にスムーズにかけることが出来ます。
この拡張アイテムはハンディタイプをご利用の方には特におすすめです。

[amazonjs asin=”B00KQQV4MG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ダイソン Dyson Wand 純正 DC58 DC59 DC61 DC62 延長 ロングパイプ 紫 【並行輸入品】”]

[amazonjs asin=”B005EKJ980″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”【並行輸入品】Dyson(ダイソン) Flat Out tool フラットアウトツール【日本未発売】※適合機種DC22 DC26 DC35 DC36 DC39 DC44 DC45など”]

あとは、しばらく使用してのメンテナンス性や、耐久性などをみるだけです。

子供いたら毎日使うよね。体温計を買い替えた。

保育園児のいるご家庭は、あるあるですかね。
ウチには年中・年少未満のクラスの子供がいるのですが、毎日の日課として子供の体温測定が必須となっております。

保育園とのやり取りのための連絡帳には、体温/就寝・起床時間/朝食の有無/機嫌/便の有無/連絡事項と日々書き込む項目があるわけですが、
子供を起こして、ご飯を食べさせ、着替え、歯磨き、連絡帳カキカキと毎朝戦争状態です。(もっぱら忙しいのは母豆です いつも動いてくれる母豆に感謝。)
朝よくおなか痛くなる父豆です。。←しっかり動かないと・・・

しなければならないことが多い、忙しい朝は、ちょっとしたことでもイライラしがちです。

そんな、朝のルーティンの中ででマストアイテムといえる体温計
子供はもちろんのこと、食品系に勤めている母豆も使用します。

これまでは、長女が赤子の時から使用している耳の穴に入れ「ピッ」と一瞬で測定終了する体温系でした。
しかし、この一瞬で測定終了する体温計は、予測にもほどがあるぐらい誤差があるものです。

そんな誤差は、気にするわたくしたち夫婦ではありませんが、「誤差だろう」の限度を超えた「これ、生きてるの?」くらいの数値を出しはじめたため、買い替えることに。

そこで、amazonにてさくっと探したのがこちら

テルモの電子体温計【スピード検温式 平均20秒】ET-C231P

[amazonjs asin=”B003RWTML6″ locale=”JP” title=”テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P”]

体温計といえば、個人的にはオムロンなどのイメージが強かったですが、
病院で見たことあるという記憶がテルモであり、
かつamazonnにてベストセラーということで、さっそくポチっと決済。

商品も翌日には届きました。

使用感としては、これまでと測定していたの体温計の数値とかなりの差があるなぁ(笑)と
これでまでが、予測中の予測だったのでしょう。

測定まで20秒とのことですが、大体20~25秒の感じですね。
3歳ともなれば、そのぐらいは待てるので特に問題ないですが。

ケースのかぱっと開ける箇所はそのうち子供が破壊することでしょう。

なにはともあれ、風邪などの病気の時は、より正確な体温を知りたいわけで、家電としてもそろそろ買い替え時だったので、今回はベストマッチの選択でした。

さっそく、風邪ひいたし図ってみよう。

 ・

 ・
 
 ・

「ピピピッ、ピピピッ、ピピピッ」 36.2度 よし熱はないなと。