拡大する二重価格騒動

楽天ニ重価格問題にてマスコミ各種もこぞって取り上げられておりますが、
二重価格表示とは、商品やサービスを提供する際に、実際よりも著しく有利であると思わせる表示のこと。
【不当景品類及び不当表示防止法】(景品表示法)という法律の第4条第1項第2号で定められています。

例えば、「通常価格10,500円、販売価格5,250円(割引率:50%OFF)」と表記して商品を販売している場合に、
その商品を過去に10,500円で販売した実績がなければ、根拠のない旧価格を比較対象とした
「実際のものよりも著しく有利な取引条件であると誤認させる表示」ですから、二重価格表示だとみなされます。

ようは、「有利な誤認」させる表示はマズイよ!ってことなんですね。

じゃあ過去って、いつなんだいとも思いますが、
販売表示ガイドラインにもその記載が以下のとおりあるわけですね。

「最近相当期間にわたって販売されていた価格」か否かの判断基準
比較対照価格が「最近相当期間にわたって販売されていた価格」に当たるか否かは,当該価格で販売されていた時期及び期間,対象となっている商品の一般的価格変動の状況,当該店舗における販売形態等を考慮しつつ,個々の事案ごとに検討されることとなるが,一般的には,二重価格表示を行う最近時(最近時については,セール開始時点からさかのぼる八週間について検討されるものとするが,当該商品が販売されていた期間が八週間未満の場合には,当該期間について検討されるものとする)において,当該価格で販売されていた期間が当該商品が販売されていた期間の過半を占めているときには,「最近相当期間にわたって販売されていた価格」とみてよいものと考えられる。ただし,前記の要件を満たす場合であっても,当該価格で販売されていた期間が通算して二週間未満の場合,又は当該価格で販売された最後の日から二週間以上経過している場合においては,「最近相当期間にわたって販売されていた価格」とはいえないものと考えられる。

※価格表示ガイドライン第4の2(1)ア(ウ)

ようは「当店通常価格」などと表示されているもので、次のようなルールがあるみたい。

(1)過去8週間のうち、4週間以上の販売実績があれば、過去の販売価格として表示することができる。
(2)販売開始から8週間未満のときは、販売期間の過半かつ2週間以上の販売実績があれば、過去の販売価格として表示することができる。
(3)上記(1)や(2)を満たす場合であっても、実際に販売した最後の日から2週間以上経過している場合には、過去の販売価格として表示することは、原則としてできない。
(4)販売期間が2週間未満のときは、過去の販売価格として表示することは、原則としてできない。

いやはや、改めて見ると、理解不足って恐いですよね。。
店舗運営するにあたっても日々、勉強あるのみです(T_T)

売るための見せかけな表示はやめないとダメ!ってことで、
軽いキモチがお客さんの笑顔を失うことになるのかもしれません。

SNSでもご購読できます。